クライアントインタビュー

企業出版(ブランディング出版):HOME > クライアントインタビュー > 株式会社セーフティ・プロ

株式会社セーフティ・プロ

「民間警察」の認知度向上に成功!
各種メディアに取り上げられ、集客にも絶大な効果を発揮。

株式会社セーフティ・プロ
書籍 『警察は本当に「動いてくれない」のか』
クライアント 株式会社セーフティ・プロ

ご担当者 代表取締役 佐々木保博氏

危機管理コンサルタント。昭和55年から埼玉県警察官として勤務したのち、退職。その後、「民間警察」として困った人のあらゆる悩みに解決策を提供する、株式会社セーフティ・プロを設立し、代表取締役に就任。警察OBの経験を生かし、ストーカー被害、暴力団による脅迫、家族の失踪などのトラブルに巻き込まれた人に適切な対応をアドバイスしている。

出版前の状況

私は28年間埼玉県警に勤務していました。

当時から、一般市民の方は困ったことがあっても「どう相談していいのかわからない」とか、事件の報道があると「警察は適切な対処をしていたのか?」など、警察に対して迷いや誤解があると感じていました。
その迷いや誤解を解くべく、私は‘民間警察’として起業をしました。
民間警察の使命は警察と一般市民の橋渡しをすることです。
警察の仕組みや内部事情を伝えていくことで、警察はスムーズに動きやすくなり、一般市民の安全はより確保できるのです。

私たちの取り組みをどう発信するか、模索していたところ、幻冬舎メディアコンサルティングの企業出版をしり、出版を決意しました。

出版後の効果

実際に警察への相談の仕方について悩んでいる読者から多くの問い合わせをいただきました。また現職の警察官やOBからの、「私たちの職業を正しく理解してもらうきっかけになった」という声も多数いただくことができ、書籍を出版したことで大きな信頼の獲得と私たち民間警察の使命が多くの方に訴求でき非常に嬉しく思っています。

さらに出版をきっかけに新聞、テレビ番組、オンライン媒体など多数取材など受けたことも、企業のPRとしては抜群のコストパフォーマンスを発揮してくれたと思っています。

出版を検討している企業へのメッセージ

出版に際しては、作る過程で編集者とは様々な議論をし、時には大変なこともあるでしょう。しかし時間をかけて作った書籍だからこそ、著者の使命と責任が形になり、他の媒体にはない洗練された情報と、高い信頼性が生まれるのです。

企業理念や自身の考えがしっかりとある方は是非一度出版を検討するのはいかがでしょうか。出版を通じ事業に対する思いや企業理念を見直すことができ、広く・深く発信する唯一の媒体だと思います。

事例情報

警察は本当に「動いてくれない」のか?

  • クライアント:株式会社セーフティ・プロ
  • 著者:佐々木保博
詳細はこちら

サービス案内資料のご案内

より詳しいサービス内容を知りたい方は以下フォームよりサービス案内資料を
ダウンロード頂き、ご参照ください。

 

成約

 

その他ご案内資料のダウンロードはこちら

関連インタビュー

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼