サービス内容に関するご質問 | 企業出版ダントツNo.1の幻冬舎メディアコンサルティング

「出版費用」は以下のような書籍仕様の組み合わせによって決まります。

①書籍の判型、ページ数
・単行本
四六版 ソフトカバー 200ページ以内

・新書
新書版 ソフトカバー 176ページ以内

・コーポレート文庫
A6判 ソフトカバー ※非流通のみ

②出版部数
4,000部~10,000部の制作
エリアを絞った書店展開、紀伊国屋書店や三省堂書店、丸善ジュンク堂書店などの大型チェーン店を中心とした全国展開、その他書籍の活用方法に合わせて最適な発行部数をご提案致します。

【幻冬舎式企業出版 パッケージ内容ご紹介】

幻冬舎の企業出版は原稿を印刷するだけの出版とは大きく異なります。本作りを「目的」とするのではなく、ブランディング施策の「手段」と考え、著者様のビジネスの成功に寄与してきました。

幻冬舎ならではの「つくる」「知らしめる」「売る」「引き寄せる」といった一貫した戦略を元に著者様のゴールを達成します。私どもは著者様が求める結果にこだわったプロジェクト体制をご用意しています。出版費用は以下の内容が含まれております。

出版費用内訳

・市場調査費
・書籍企画立案
・ライター、編集者その他平均13名のプロジェクト費用
・表紙カバー・コンテンツデザインなどの製本作業、印刷代などの制作費 ※選択する印刷会社や用紙代によって料金体系は異なります。
・戦略的な書店展開、幻冬舎独自の書店流通網活用のための書店営業活動費
・雑誌その他関連媒体へのパブリシティ活動
・出版後の販売報告、読者層分析

(オプション)
・新聞広告(日経、産経、毎日に1回ずつ掲載。2面ないし3面下 全五段1/5枠)
・電子書籍化

③印税
弊社にて設定させていただいた一定割合の印税を著者様へお返しさせていただいております。

出版する書籍の企画内容についてはご契約を頂いた後に弊社編集者とのお打ち合わせのなかで決定してまいります。

ご要望に合わせた価格表のなかから、最適なパッケージ・出版費用をご提案させて頂きますので、
出版費用については、お問い合わせフォームよりお気軽にご相談下さい。


■より具体的な出版費用を知りたい方はこちら「お問い合わせフォーム(無料相談)」
■制作のながれを知りたい方はこちら「制作のながれ」
■幻冬舎流の「企業出版」を気軽に聞いてみたい方はこちら「無料WEBセミナー」

幻冬舎の企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)は原稿を印刷するだけの出版とは大きく異なります。
「作る」~「知らしめる」~「売る」~「引き寄せる」まで一貫した戦略を元に展開するモデルであり、
それを実現するプロジェクト体制をご用意できます。

・企画立案(ヒアリングによる課題の把握から、効果的な書籍企画の立案まで)

・市場調査

・原稿制作(原稿、写真、イラストなど弊社による完全制作)

・幻冬舎グループ特約店(全国150法人、4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開

・広告・パブリシティ(書籍と親和性の高い媒体に書評ならびに取材依頼の持ちかけを実施)

・企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)後の販売報告

※初回契約期間は3年、以降毎年更新されます。長期的に認知度の促進や販売部数アップに取り組みます

(オプション)
・新聞広告(日経、毎日)に1回ずつ掲載。全五段1/5枠

・書籍の電子化(約20ストア)

・幻冬舎主催出版記念セミナーの開催

それぞれの課題解決に合わせ、最適な企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)、広告・パブリシティ戦略、書籍活用方法をご提案いたします。

参考:幻冬舎ブランドの特長

参考:費用の考え方

参考:簡単見積もり依頼

商業出版は、出版社が内容を企画し、制作費も負担する出版手法です。このため、何よりもまず「売れること」を念頭に企画されます。販売部数を上げるため、さまざまな販促活動が展開されますが、この費用も基本的に出版社負担です。とはいえ、企画も出版社主導となりますので、著者が「こんな内容にはしたくない」と希望しても「売るためです」と押し切られ、不本意な仕上がりになることがあります。

一方、企業出版は、出版そのものが目的ではなく、集客や販促、採用力の強化など「出版後の反響」を目的としています。費用は全額が企業負担となりますが、それだけに書籍の中で企業の特徴や強み、そして実績や専門性などをアピールすることが可能で、新規顧客の開拓はもちろん、人材採用や認知度のアップなど、さまざまな経営課題解決に役立ちます。

共通している特徴は、出版社の流通網に乗り、全国書店の店頭に並ぶという点です。また「大手出版社から著書を出版しています」という実績は、著者のブランディングになるという点も共通です。

企業出版は、書籍出版を「手段」として、企業の課題を解決する手法です。解決できる課題は多岐にわたりますが、代表的なものを列挙すると下記のとおりです。

  • 集客力向上  商品やサービスの魅力を効果的に発信します。
  • 認知度向上  商品やサービスの理解を促進します。
  • 採用力の強化  優秀な人材の採用に寄与します。
  • ブランド力強化  圧倒的な情報量で企業ブランドの本質を訴求できます。
  • 集患  クリニックの集患にも強みを発揮します。
  • この他、貴社独自の課題についても企業出版を活用することで解決の道が開ける可能性があります。どんな課題でも結構です。まずはご相談ください。

     「ブランド力が高まる」とは、すなわち「顧客に一貫したイメージを持ってもらう」こと。書籍を出版することによって、著者はある分野の専門家やプロとしてのポジショニングを図ることが可能となります。そうした意味で、企業出版は信頼性や確実性という書籍の特徴を最大限活かしたブランド戦略です。


     情報社会の高度化により、SNSやホームページを通じて、誰でも気軽に情報発信ができるようになりました。また、情報収集という面でも、私たちは類似したサービスの抽出や比較などが容易にできるようになっています。情報が氾濫している時代だからこそ、一冊の本が持つ信頼性は、他の媒体とは相対的に一線を画しているのです。


     また、「このノウハウならば信頼できる」といった書籍への信頼は、「このノウハウを持った企業ならば信頼できる」といった企業そのもののブランド力向上、ブランディングに直結します。この点は情報発信(広告・宣伝)において、競合他社との差別化を図る意味でも、非常に意義があります。

    ブランド力向上、ブランディングと書籍が持つ唯一無二の「信頼性」という特徴は、切っても切り離せない関係にあるのです。


    ■自社のブランドを向上する方法を知りたい方はこちら「無料相談(お問い合わせ)」
    ■成功した事例を知りたい方はこちら「事例一覧」
    ■企業が広告として出版する成功ノウハウを知りたい方はこちら「無料WEBセミナー」

    自費出版と企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)の大きな違いとして、下記の5点がございます。

    ・出版の目的と意義
     自費出版は、主に自分の原稿・作品を書籍として形に残すことが目的に対し、企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)の目的はあくまで「企業の課題解決」に特化しています。集客・販売促進・ブランディング・インナーコミュニケーションなどこれまでに携わった目的・課題は多岐に渡りますので、お気軽にお問い合わせください。

    ・マーケット・イン視点での企画提案
    企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)における「読者層」とは、企業の「潜在顧客」のこと。より広く・多くの方に作品を知らしめるのが自費出版に対し、企業がターゲットとしている層へ情報を届けるのが企業出版の使命です。そのため、企業出版では市場調査やパブリシティ活動を通し、ターゲット読者層へのリーチを強化しています。

    ・企画立案、原稿執筆から出版までのマネジメント
    幻冬舎メディアコンサルティングでは、単に「読んで面白い」書籍ではなく、読後に「新たなアクションを起こしてもらう」ための仕掛けづくりに、長年取り組んできました。そうした企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)専門のノウハウを生かし、ブランディング効果を得るためのタイトル、帯コピー、構成、原稿執筆などをトータルでマネジメントさせて頂いています。

    ・全国約4,000書店への大規模な配本
    自費出版で最も多い悩みの一つが「書店に並ばない」こと。せっかく力を注いで制作した書籍であっても、まず多くの方の目に留まらなければ意味がありません。幻冬舎メディアコンサルティングの企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)では、書籍の効果をより感じて頂くために、数々のベストセラーを輩出してきた幻冬舎の流通網(全国約4,000書店)を活用し、大規模な配本を行ってきます。

    ・パブリシティ活動
    魅力的な書籍に出会う場面は、決して書店だけではありません。雑誌やニュースサイト、新聞など、書籍の紹介やインタビュー記事を掲載する媒体によって、書籍のトレンドは日々刻々と変化していきます。自費出版された書籍の多くが日の目を見ることが少ない昨今、企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)では、書籍と読者との出会いの場をより多く演出するため、プロモーション専門の部署を設け、他メディアへの働きかけを強めています。


    自費出版は出版そのものをゴールとしますが、幻冬舎の企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)は出版後の結果にこだわり抜きます。制作工程、販売体制、費用など、自費出版との細かな違いについて、ご興味をお持ちいただけましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

    社史、周年史、記念誌の制作も承ります。

    周年事業は節目として事業を振り返り、これからを見つめ直すタイミングであり、企業理念、将来のビジョンを、新入社員も含む全従業員と共有するチャンスです。

    形式的な記念誌を配布して終わりではなく、戦略的な企画をもとに制作し、日々の忙しい業務がいかに社会貢献に繋がっているのか、創業以来どのような苦難を乗り越えてきたのか、そして、今後どのように仕事に取り組んで欲しいのか、しっかりと従業員に伝わる1冊を配布することで、従業員の結束、モチベーションアップが期待できます。そのためには、洗練された表現に拘ることはもちろん、第三者視点の活用など、伝えるための工夫が必要となります。

    また、社史や記念誌の制作は、制作過程過程において自社の強みのたな卸しに役立ち、営業活動、採用活動など、様々な場面での情報発信の軸ができるメリットもございます。

    形式通りで終わらせない、目的を定めた制作をご提案いたします。


    ■社史、周年史、記念誌についてざっくばらんに聞いてみたい方はこちら「無料WEBセミナー」
    ■社史制作で成功した事例を知りたい方はこちら「無料ダウンロード資料(周年プロジェクト成功事例集)」
    ■直接、社史の作り方を聞きたい方はこちら「無料相談(お問い合わせ)」

    書店流通のない、いわゆるインナー利用の書籍ももちろん制作可能です。

    この場合も、書籍制作の目的とゴールを明確にし、その実現に向けたハイクオリティな書籍づくりを行います。

    また、見込み客等への頒布品としての書籍、冊子などの制作も承っております。

    テキストベースの書籍だけでなく、写真やイラストなどビジュアルを活用した書籍の制作事例もございます。

    住宅会社や不動産投資会社、メーカーは、商品のビジュアルを掲載することで、書籍を営業ツールとして活用できます。
    また、社員の写真を掲載した書籍を制作し、求職者により具体的なイメージを抱かせることは、リクルーティングのために有効な手段といえます。

    人間が情報としてインプットしている五感のうち、視覚が8割といわれています。人は、感動した、驚いた、面白かった、などの「体験」を通じて出来事を記憶します。企業メッセージを発信する際にも、写真集や作品集、ムック本や絵本などでビジュアルを活用することで、情報やメッセージを読者に直感的にわかりやすく伝え、記憶に残りやすくすることができるのです。

    文章だけでは伝えにくい内容の理解を促進したい場合にも、ビジュアルを活用すると理解がスムーズになります。

    無料ダウンロード資料:ビジュアルで魅せる企業価値 企業出版 成功事例集

    無料ダウンロード資料:「幻冬舎式」企業出版のご案内

    読者に分かりやすく説明する手段として「マンガ」の活用は非常に有効です。

    幻冬舎メディアコンサルティングでも、クライアントのご意向に合わせて、マンガを使った企業出版を多数手がけております。

    単にテキストをマンガ化するのではなく、クライアントのゴール達成のために最も効果的と思われるマンガの使い方をご提案しますので、マンガ活用にご関心がありましたら、お気軽にご相談ください。