その他のご質問 | 企業出版ダントツNo.1の幻冬舎メディアコンサルティング

ISBNとは「International Standard Book Number」(国際標準図書番号)の略称です。その本固有に付けられる番号であり、世界共通で管理されるものです。今では世界117の国と地域で発行される本に付与されています。日本国内では、これを基準に国内で出版された本を管理しています。書誌情報(どこの国の、何という名称の出版者が発行する、何という書名の書籍か)を特定して書籍の取引や図書目録の編纂に活用されています。

社史制作は社内やステークホルダーに対して、自社の強みやノウハウ・理念を改めて周知させ、自社のメッセージをより伝わりやすくすることができる大切な取り組みです。

これまでは大手企業や国営企業を中心に社史を制作する場合には社史編纂室などの専属の部門を作り、社史制作に向けての自社のデータや写真などの資料を蓄積・管理をしていましたが、近年では多くの場合が企業の中には社史編纂専門の部門は存在せず、総務部や広報部、人事部の担当者がアサインされたり、その他の事業部から担当者が実業と兼任というかたちでアサインされるケースが増えてきています。

そのため、これまでの自社の資料が蓄積されておらず、「何から準備すれば良いのかわからない」という担当者の方からのご相談をいただくことが増えています。

社史編纂にあたり確認すべき資料を下記のとおりご紹介します。

・過去制作した社史
まずは過去周年のタイミングで制作した社史事例があれば確保しましょう。過去の社史から内容を抜粋したり、同じ構成を踏襲して新たな情報を追加して制作するケースなどもあります。

・社内報
社内スタッフに対してのコミュニケーションツールとして制作された冊子です。社長からの訓示や会社経営上の共有事項、部門紹介など、各年代当時の自社の様子を知るうえで役に立つ資料です。

・会社案内/商品・サービスカタログ
各年代の会社案内やカタログも自社の情報が凝縮された資料であり、当時扱っていた商品・サービスや事業内容の変遷を知るうえで参考になる資料です。

・PR誌・業界紙・新聞記事など
自社のPRのための冊子などの発行物があれば社史のなかで引用するなど直接コンテンツ化することもできます。

・有価証券報告書や決算資料
これまでの自社の成長や事業史、経営状況などを顧みるうえで数値化されたデータは重要です。社史の構成上、会社の歴史とは別に「資料編」などと章立てを分けた事業データを取りまとめたページに引用するケースが多くございます。

・議事録
株主総会議事録や取締役会議事録、監査役会議事録などをはじめとした議事録は経営層の考える企業としてのこれまでの歩みと今後のビジョンを如実に表す資料です。当然社外秘の情報が多数含まれているものになりますので、制作の過程で情報の取捨選択を行う必要があります。

 

無料ダウンロード:周年プロジェクト 企業出版 成功事例集

企業出版概要、過去の事例紹介、マーケティングデータのご提供や、企業出版による貴社課題解決の方向性のご提案など、ご要望をお伺いしたうえで、情報をご提供いたします。お気軽にお問合せください。

これまでほぼすべての業種の企業様にブランディング書籍をご出版いただいています。ブランド力を高めたい、集客力を向上させたい、見込み客を啓蒙・啓発したい、認知度を高めたいなど、貴社の課題に応じて最適な書籍企画をご提案いたします。

出版費用のお見積もりは無料です。お見積もりの他、サービス詳細のご説明、出版に役立つマーケティングデータ無料提供、貴社課題解決のための企画提案もさせていただきます。各種フォームよりお問合せください。また、成功事例集も無料でダウンロード可能です。

参考:費用の考え方

無料ダウンロード資料:企業出版 成功事例集 ダイジェスト版

企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)の成功事例は事例にてご紹介しております。

参考:企業出版 事例一覧

また、弊社では士業・コンサルタント・病院法人・クリニック・不動産・投資・資産運用・健康・教育・メーカー・BtoB・IT・WEBなどさまざまな業界の企業様の成功事例集を取りまとめた成功事例集をダウンロード資料としてご用意しております。
下記ページより無料でダウンロードができますので、是非ご利用ください。

参考:ダウンロード資料一覧

企業出版は、基本的にあらゆる業界で効果を生み出せる手法です。ただ、効果を生み出しやすい業界は確かに存在し、列挙すると下記のとおりとなります。

  • 取り扱っている商品・サービスが高額である
  • 属人的な営業に頼っている
  • 商品・サービスが複雑で、啓蒙活動が必須である
  • レッドオーシャン(競争が激しい)である
  • 厳しい説明責任が問われる商品・サービスである
  • 具体例でいえば、不動産、金融・投資、士業、BtoB(IT、コンサルティング、製造業等)、教育、医療・介護といった業界となり、これらは企業出版との相性が抜群といえます。もちろん、他業界でも成功事例は多数ございますので、お気軽にご相談ください。

    税理士、弁護士、経営コンサルタント等多くの実績がございます。

    ターゲットエリアでの書店展開、セミナー開催時の活用、新規営業ツール、あるいは既存顧客とのコミュニケーションツールとしてご活用頂いております。

    ご自身からの営業活動が難しい業種ではございますが、書籍出版は、「相続」「事業承継」「節税」「事業再生」など、得意とするジャンルに課題を抱える見込み客に、「頼れるコンサルタント」として認知させることができ、質の良い問合せの獲得に直結します。

    また、セミナーとの相性も良いため、セミナー開催時のインパクトの強化や、教材としての活用、セミナー後のフォローツールとしても効果を発揮します。

    1冊の書籍出版により競合との差別化に成功し、「受注単価が2倍以上になった」、「相談件数が4倍になった」など、多数の反響に繋がっております。

    無料ダウンロード資料:士業・コンサルタントの企業出版 成功事例集

    税理士やコンサルタントの成功事例は多数あります。

    その一つが『相続税の税務調査を完璧に切り抜ける方法 改訂二版』(2020年3月刊)です。

    本書は、ある日突然訪れる「税務調査」にどう対処したらよいか、相続税の税務調査対策のノウハウを、資産税に強いベテラン税理士が指南する内容です。

    相続税の基礎控除額が減額され、相続税対策に不安を覚える人が急増するなかで、大きな話題を集めました。

    著者の服部誠氏は、書籍の刊行をきっかけに、「相続税」「相続税対策」「相続税の税務調査」の専門家として広く知られるようになりました。

    今も多数の関連相談が舞い込んでいるほか、セミナー等の講師としても大活躍しています。

    無料ダウンロード資料:士業・コンサルタントの企業出版 成功事例集

    製造業、コンサルティング業、システム・ソフトウェア開発、Web制作など、さまざまな業種からご相談をいただいております。

    BtoB取引は、大きな変化を迎えています。以前は、取引実績、取引先からの紹介など、人間関係を中心にした、長期安定取引と言われてきました
    しかし、インターネットにより情報収集が圧倒的にし易くなったことにより、取引先選定の前に、多くの情報を集め、比較検討されるようになりました。
    この変化により、自ら情報収集する経営者、担当者に向け、いかに役立つ情報を提供し、課題形成段階から良好な関係が築けるか、が重要になっています。

    書店展開することで、こういった情報収集段階のターゲットにピンポイントで訴求することが可能です。また、営業ツールや展示会来場者への配布など、長期的な活用が可能です。

    もちろん、BtoB取引では最後に必ず人同士の関係が重要となりますが、営業マンが訪問するときには大半の業者選定は済んでいる、とのデータもあります。情報過多と言われるWeb上の情報発信が多い中、より「豊富、かつ信頼できる情報を提供してくれる企業」として、競合との差別化を図ることで、価格競争に巻き込まれないブランディングが可能です。

    参考:BtoB企業の企業出版 成功事例集

    PICKUPセミナー・相談会
    MEETING

    その他のセミナー・相談会はこちら