企業出版(ブランディング出版):HOME > 会社案内 > メンバー紹介

マネージャー紹介

執行役員副社長

執行役員副社長

矢口 仁

私は2005年の当社設立から、700冊以上のブランディング書籍プロジェクトに携わってまいりました。今までの10年間で強く確信していることは、この成熟したネット社会においても、依然として「書籍×書店」が非常に魅力的かつ効果的なメディアであり続けているということです。
創業以来培ってきた「ベストセラー方程式」と、全国の書店への戦略流通ノウハウが、私たちの最大の強み。
企業課題の解決を行う、唯一の出版社として、これからも更なるサービス向上を図ってまいりたいと考えております。

東京営業局

営業企画部
主任

上野 慎太郎

書籍は、数ある媒体のひとつに過ぎないかもしれません。日々進化する他の媒体に劣る面もあるように思います。しかし、既存の「媒体」という枠を超え、デメリットを補って余りある効果を見込めることもまた事実でございます。
書店やクライアント様の取引先、自宅の書庫のなかで「いま、ここにある」からこそ生じる引力。時を越えた圧倒的な説得力。そして、紡いだ言葉で、企業ブランドや商材への信頼や愛着を育む力。書籍だからこその力とその効果を今日まで多くのクライアント様に実感頂いております。
クライアント様と共に悩み、苦しみながら、書籍の質とそこから得られる成果を最大限のものとするため、私も日々精進して参ります。どうか「書籍の力」にご期待頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

編集局

編集局
部長

伊藤 英紀

幻冬舎メディアコンサルティングの編集者は、通常の出版社の編集者が備えるべき資質に加えて、顧客満足を高めることを至上命題とするサービス業としての一面も併せ持っていなければならない、と常に言い聞かせています。書籍マーケットでは熾烈な競争が繰り広げられておりますが、その中においてもきらりと光る書籍をつくる、妥協を許さない姿勢と、「クライアントをどのようにプロデュースするか」という視点を併せ持つことで、顧客満足を実現したいと考えています。

編集局 東京編集部
課長

仲山 洋平

編集者としてはまだまだ若輩ですが、プロの端くれとして、本づくりに妥協しないことだけは誓っています。
クライアントにとって、書籍の出版は本当に重大なこと。読者の心を強く揺さぶる本を目指し、日々夢中で仕事をしています。
その結果、クライアント様が新たな顧客とのよい出会いを実現できれば、ブランディング書籍の編集者としてこれ以上嬉しいことはありません。
最高の一冊をご一緒させてください。

流通管理部

流通管理部
主任

田村 善治

文芸作品を読み、感動し感情を揺さぶられることはよくあります。
ですが、それは文芸作品に限りません。ビジネス書であれ、実用書であれ書籍を通じて価値ある情報を得て、感動し感情を揺さぶられる事もあります。
テレビ、新聞、WEBなど、メディアの多様化が進む中で、書籍固有の価値・機能を最大限生かし、クライアント様のメッセージ・想いが詰まった書籍と読者との感動の出会いを、流通面でお手伝いできる様、日々業務に邁進しています。

経営企画局

経営企画局
局長

横手 進

社会人として、企業人として、自身の仕事を全うする事は当然の事。
当社の場合、そのような自身の仕事に加え、チームを作る、組織を作る、会社を作るという目線で仕事に臨めるか。
この意識が、優れた商品・サービスの提供、そして、働く喜びを生み出すと信じております。
そのような環境、わかり合える仲間をたくさんつくること、これこそが自身の役割であり仕事と信じ、日々邁進しております。

大阪支社

大阪支社
支社長

大貫 恵伸

本作りを一言で表すと「旅」、いや「山登り」、いやいや、「闘い」…。
私的には「旅」がしっくりきますが、さておき。スタートは期待と希望に溢れています。
どんな本になるかな、と心が高鳴ります。でも、たいてい途中で果てしなく高い絶壁や、「この道は一体どこへ通じているんだ?」というピンチに出くわしたりします。
著者と編集で対峙せざる得ない時もきたりします。
それでも進み続けることで、書店に並んだその時に、読者に届いたその時に、一冊の本を作った言いようのない喜びを感じることができます。
世界のどんな秘境へ行くよりもスリリングで、最高に楽しい本作りを是非ご一緒いたしましょう。

名古屋支社

名古屋支社
支社長

永田 恵麻

設立当初より、名古屋支社で数々のブランディング書籍出版に携わってまいりました。
その経験の中で確信していることは、書籍は著者も想像だにしていない「新たなビジネスチャンス」を生むということです。勇気をもって出版に踏み切られたクライアントの皆様は事業を大きく伸ばされ、新たなステージへと飛躍を遂げられています。
企業課題の解決に不可欠なパートナーとして、これからもクライアントの皆様に寄り添ってまいりたいと考えています。

プロモーション部

プロモーション部
係長

津村 枝里

インターネットの普及による情報の氾濫や信頼性の低下で、現代人は情報に振りまわされています。 メディアが本当に正しい情報を発信しているのかどうか疑問を持つ人も増えてきています。
私自身IT業界に身を置いておりましたが、そのような背景のもと、書籍の持つ情報信用度の高さを 改めて認識し、出版社に転職致しました。

「書籍」の持つ情報の信用力・発信力は本当に素晴らしいと思います。
幻冬舎メディアコンサルティングでは書籍が持つ力を最大限に生かし、法人様の情報発信のお手伝いをさせて頂いておりますが、本当に大きな信用力・影響力があると感じております。
他のメディアでは伝わらない法人様のメッセージを読者に伝え、共感して頂けるようなプロモーション企画をご提案できるよう、日々精進して参ります。

名古屋大阪営業局

名古屋大阪営業局
課長

今西 沙織

書籍によるブランディング効果は絶大ですが、残念ながらほとんどの経営者様は企業出版の存在とその影響力をご存知ありません。

私は、ひとりでも多くの経営者様に書籍が持つ情報発信力を知っていただきたいという想いで、日々活動しています。

各企業様・法人様によって抱えていらっしゃる課題は違いますが、おひとりおひとりの経営者様に精一杯向き合い、ご事業に対する想いを理解することで、これまでにない新しい視点からの「課題解決」をご提案させていただければと思っています。

名古屋大阪営業局 
係長

大歳 恭平

私は年10冊~15冊程度のブランディング書籍プロジェクトに参加させていただいております。
この仕事の最大の魅力は「様々な業種・業態の代表にお話を伺えること」。そこには自分の知らなかった世界があり、その世界に掛ける強い想いを持った”仕事人”の方々が存在します。
そして、その想いを最も深く伝えられるツールは書籍であると私は確信しています。ホームページでの情報は書き換えが効きます。しかし、書籍はそうはいきません。確かな想いがなければ書籍は完成しません。
「商品やサービスに込められた想い」を読者に届ける。
シンプルながらとても困難なミッションを、私は企業出版を通じ世に発信していきたいと考えております。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼