事例

出版前の3倍以上の来客数!

私たちは、資産家の方を中心に資産税や相続税に関するご提案を行っています。お客様が来られるきっかけは紹介がほとんどでしたが、それでは限りがあると感じていました。そこで、出版によって認知を高め、新たな来客動機をつくろうと考えました。

出版前には不安もありました。相続税の課税対象者は、全体の5%に満たないと言われる中、対象読者の少ない相続本が売れるのか、そして期待する効果が得られるのか。しかし、最終的には本を出すことで、少ない対象であろうと、その方々に信用を得ていただくことができれば、ということで出版を決意しました。

阿藤芳明 氏

東京都出身。早稲田大学教育学部卒業後、国税専門官として10年強、税務調査官を担当。退官後税理士登録し、会計事務所を経て、平成4年阿藤芳明税理士事務所、有限会社エーティーオー財産相談室を設立。平成14年税理士法人エーティーオー財産相談室に改組し、代表として現在に至る。

出版後の効果

驚いたのは、発売後3日でいきなり「本を読んだんですが」というお客様が相談に来られたことです。それ以降も順調に来客が続いています。また、今までは関東圏のお客様がほとんどだったのですが、神戸の方からのご相談もありました。

結果として、相談件数は出版前の3倍以上という状況です。更に、その多くが相当額の資産をお持ちの方々であり、出版の効果としては正に狙い通りの結果が出ています。 これは想定していなかったことですが、本を読んで相談に来られる方は、「財産を法人化する」という本書の内容をある程度理解していただいているため、相談がスムーズに進みます。これも効果のひとつと感じました。

出版を検討している企業へのメッセージ

私たちのお客様は「相続税が課税される資産家」と、ターゲットが明確です。このように明確なターゲットがいて、彼らに伝えたいことがあるのであれば、本は非常に効果の高い媒体となるのではないでしょうか。

自分たちの中で、伝えたいメッセージがあっても、それをなかなかうまく伝えられないものだと思います。しかし、プロにお任せすることでそれが可能になる。例えば、幻冬舎メディアコンサルティングから提案された「相続財産は法人化で残しなさい」というタイトルは、私では思いつかないものでした。一言で言い当ててもらったな、さすがだな、と思いましたね。

書籍紹介

書籍名

『相続財産は法人化で残しなさい』

初版発売日

2011/8/26

価格

740円(税抜)

書籍分類

新書

企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連する事例

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら