サンドラッグの成長を35年以上にわたって牽引してきた、現社長の才津氏。成長の裏側には、業界の慣習にとらわれることなく店舗を拡大していこうとする、才津氏の強いこだわりがありました。本書では、業界の中でサンドラッグがどのように成長を遂げてきたかを物語る、代表的なエピソードを紹介しています。
『どうでもいい話』というタイトルのとおり、飾らないタッチでそれぞれのエピソードを展開していますが、小売業界での成長を目指す人にとって、示唆に富んだ内容にとなっています。

企業理念である「絆、自立、挑戦」の意味を、創業者である梅村社長のエピソードや仕事哲学を用いて分かりやすく紹介。仕事をする上での心構えや行動指針を解説しました。社員のエピソードも盛り込み、第三者の視点で執筆することで若手の社員でも共感を得やすい内容となっています。

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら