mainvisual_service

トップページ > サービス案内 > 出版方法別 特徴まとめ/比較表

出版方法別 特徴まとめ/比較表

幻冬舎メディアコンサルティングの企業出版は、クライアントの目的の実現を目指して書籍制作、プロモーションを行っていく出版方法です。

単に企業のサービス内容や専門的知識を本という形にするだけでは期待する効果は得られません。800社以上の出版実績をもとに編み出した課題解決型の書籍企画立案、専門性の高いライターの起用の他、幻冬舎グループのもつ4,200を超える書店との特約店契約・各種メディアとのネットワークを生かした集中プロモーション展開を得意としています。

以下では他の出版方法との違いをご紹介致します。

 

出版方法の特徴まとめ

  • 印刷会社

    印刷会社は出版社のように書店流通の機能を持っておらず、会社案内やDM、社史のような紙媒体の印刷・製本を行います。企画やライティング、編集などについては基本的に行わない企業が多く、コンテンツについては全てクライアント企業側にて用意をする必要がある場合がほとんどです。

  •  

  • 自費出版社

    自費出版の多くは基本的に原稿ありきの出版サービスになり、書籍内容の企画・執筆をおこなう必要があります。もともと個人向けのサービスであるため書店の流通に関しては脆弱な会社も多く、書籍制作はしたものの書店に流通されないケースがほとんどです。企業としての出版事例も存在しますが、基本的には個人の方の自己表現をお手伝いすることがメインの出版サービスとなりますので、流通力・PR力が必要となる企業プロモーションには向きません。

  •  

  • ビジネス系専門出版社

    ビジネス系書籍の出版に強みをもち、自社でビジネス・経済系の雑誌出版やWEBメディア運営を行っている出版社も多く存在しますが、その反面ビジネス・経済系以外のジャンルに関しては実績が少ないとも言えます。
    出版後のパブリシティ活動に関して、自社が発行するビジネス系媒体を持つという強みがあるものの、それ以外に関しては強みを持ちません。

  •  

  • 他総合出版社

    企業出版サービスをおこなっている総合出版社は弊社以外にも存在しますが、多くが書籍の売上を目的とした商業出版の傍らで行っているのが現状です。また、メイン事業は商業出版(企画出版)であるため、企業のプロモーション案件に対応できる体制を持っていません。また、企画は書籍の売上を目指した”売るための企画”になりがちであり、クライアント企業の目的に沿わない書籍内容になることもあります。

 

出版モデル比較表

一般的な出版社や印刷会社と幻冬舎メディアコンサルティングの違いをまとめました。

 

出版方法比較表

 

サービス案内資料のご案内

より詳しいサービス内容を知りたい方は以下フォームよりサービス案内資料を
ダウンロード頂き、ご参照ください。

 

成約

 

その他ご案内資料のダウンロードはこちら

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求


見積り依頼