seminar

トップページ > セミナー > 経営者・人事責任者のための〝グローバル人材育成〟体験会
~発信力UP・共感性UP・存在感UP~

経営者・人事責任者のための〝グローバル人材育成〟体験会
~発信力UP・共感性UP・存在感UP~

【2月21日(火)開催 15:30~17:30】

本セミナーオススメのポイント
来場者には『グローバルコミュニケーターが実践している50のコト!日英バイリンガル版』
プレゼント
英語が出来なくても海外で活躍出来る人材育成方法を学べます。
自社に英語が話せる社員を増やす方法を知る事が出来ます。
実際に外国人とのやり取りを通じて本当のコミュニケーションを学べます。

市場の変化に伴い、海外進出でシェア拡大を図ったり
海外企業との取引を増やす企業が増加しており、
その動きに合わせて、国内企業がこれまで以上に
「グローバル人材育成」に力を入れるようになっています。

しかし、中には「語学力の向上」のみに注力し、
海外で活躍することができない社員を育成してしまうケースがあとを絶ちません。

実際に海外の現場で活躍する為には、
語学力のみでなく、自身の意見を正しく相手に〝伝える〟ための「発信力」や
取引先や同僚など周囲の意見を尊重した上で自身の考えを提案する「共感性」、
意思決定が求められる場で確固たる意志を示し、周囲を率いる「存在感」が重要となるのです。

経営者や人事責任者の中には「グローバル人材=語学に長けた人材」と
考えている方も未だに少なくありませんが、
ビジネスの場で外国人と対等に渡り合い、企業にとっての利益をもたらすためには、
「“真のグローバル人材”とは何か」を今一度考え、育成プランを見直す必要があるでしょう。

そこで今回のセミナーでは、グローバルコミュニケーション教育の専門家として20年以上のキャリアを持ち、
「だれもが真のグローバルコミュニケーターに」をビジョンに掲げる株式会社セブンシーズ代表取締役の
揚石洋子氏を講師としてお招きし、語学力のみではない「“真のグローバル人材”に求められるスキル」、
経営者・人事責任者が見落としがちな、「グローバルに活躍できる人材を見極めるポイント」など、
国際化社会の中で企業が存続するために必要となるグローバル人材の育成方法についてご解説いたします。

また、本セミナー後半では、ワークショップスタイルで
「海外でもすぐに活用できるコミュニケーション術」を体験できる場をご用意いたしました。
外国人とのコミュニケーションが実は思っているほど難しくないということを実感でき、
今までの「グローバル人材育成」に対する認識の誤りに気付くことができるでしょう。

来場者には『グローバルコミュニケーターが実践している50のコト!日英バイリンガル版』をプレゼント!

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

※内容の一部が変更になる場合が御座います。
※同業他社の方のご来場はお断りしております。

セミナー詳細

主催: 株式会社 幻冬舎メディアコンサルティング
日時: 2017年2月21日(火)
15:00 開場(受付開始)
15:30 講演開始
15:55 講演終了・休憩
16:00 ワークショップ開始
17:25 ワークショップ終了・質疑応答
17:30 個別相談開始
18:30 個別相談終了
場所: 株式会社幻冬舎 2号館3F セミナールーム
(東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目9番7号)
 東京メトロ北参道駅より徒歩1分
 JR代々木駅・千駄ヶ谷駅より徒歩7分

※会場に駐車場、駐輪場はございません。

参加費: 無料
定員: 20名
特典: 来場者には『グローバルコミュニケーターが実践している50のコト!日英バイリンガル版』
プレゼント

株式会社セブンシーズ 代表取締役
揚石 洋子氏 特別インタビュー

揚石 洋子

講師 揚石 洋子

プロフィール
株式会社セブンシーズ代表取締役【ウェブサイト】
立教大学文学部英米文学科卒。学校法人立教女学院評議員。日本と南アフリカ共和国の大学で語学、演劇、教育学を学んだ後、日本航空に入社。インド、南アフリカ共和国、北米、ドイツなどの諸外国での生活経験から、異文化コミュニケーションの難しさと大切さを身をもって知る。企業人および、学生、主婦を対象にグローバル・コミュニケーション教育の専門家として20年以上のキャリアを持つ。17年にわたり多数の外資系企業および日本の多種多様な企業のセミナーや研修を独自のプログラムと手法で手掛け、実績を積んでいる。日本に長く滞在する優秀でモチベーションの高い外国人を巻き込み、語学だけに頼らないコミュニケーション力を養成する研修が人気。

①なぜ、「グローバル人材」に着目されたのですか?

幼少期から、家族の仕事の都合により、インド、南アフリカ、ドイツ、アメリカで暮らした経験が「グローバル人材」に着目するきっかけとなりました。
当時13歳だった私は、言葉の通じない環境下で周囲と意思疎通を図ることができずに 大変苦労していたのですが、状況を好転させる際の基盤となったものが、 今回のセミナーのテーマでもある「発信力」「共感性」「存在感」です。
詳細についてはセミナー内でお話しいたしますが、 これら3つの要素はグローバル人材の特徴であるとも言われており、 ビジネスの領域で活躍している人材は例外なくこれらの要素を身に着けています。

②「グローバル人材」になるための条件はあるのですか?

グローバル人材になるための条件は幾つかありますが、 特に重要な条件としては「価値観や意識の違いを認められること」や 「周囲に対して興味・関心を持てること」が挙げられます。
近年、海外進出を図る企業が増加しておりますが、 国によって法律や風習が異なるため、日本の常識は通用しません。
そのため、取引先と良好な関係を構築しビジネスを発展させるためには、 まず「自身と異なる価値観を認めること」が重要であり、 そこに対して興味・関心を持つことで、お互いの「存在」を認知し合い、信頼構築の第一歩を踏み出すことができるのです。

③「グローバル人材」は、ビジネスにおいてどのような活躍をされるのですか?

グローバル人材は「環境の変化に強い」という特徴を持っているため、 どのような状況下においても、自ら声をあげる力(「発信力」)を発揮し、協働することが出来ます。
また、「自発的に学び、成長できる」という特徴もあるため、 厳しい環境の中でも粘り強くトライし、自身を成長させながら、 確実な成果を掴み取ることができます。

④最後に、今回のセミナーへ参加される皆様へ一言お願いいたします。

現在、多くの企業がグローバル人材育成に注力されていますが、 そもそも「グローバル人材とは何か」「グローバル人材育成に必要な要素は何か」を 知らなかったがために、思うような成果を挙げることができず失敗に終わるケースが 多々あります。
今回のセミナーでは、「発信力」「共感性」「存在感」を軸にグローバル人材を育成する 上で注目すべき重要な要素について解説していきますので、是非参考にして頂ければと思います。

開催予定セミナー一覧はこちら

フェイスブック始めました ビジネス