事例

トップページ > 事例

事例一覧

キーワード検索

病院に行かない夫 体重計に乗らない妻

  • 書籍分類: 単行本
  • 著者:齋藤 滋 (湘南鎌倉総合病院 副院長)
詳細はこちら

風流時圭男 フウリュウトケイオトコ

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:株式会社ホッタ
  • 著者:竹内 清人

制作の背景

明治12年の創業以来、「誠心誠意」をモットーに時計や宝飾品の輸入・販売を営んできた専門商社・ホッタ。著者の竹内清人氏が、同社の3代目経営者である八ニ朗氏の自叙伝「風流時圭男」(昭和54年発行)に出合ったのをきっかけに本書は生まれ変わりました。6代目にあたる現社長の峰明氏(30)と八ニ朗氏を邂逅させたいという筆者の強い想いは、本書内でヒューマン・ファンタジーとして実現されました。企業ブランディングを時代小説+ファンタジーという斬新な手法でアピールした、幻冬舎メディアコンサルティングの意欲作品です。

詳細はこちら

人生の真価 長銀リストラから、日本一のネット銀行イーバンクを創った男の物語

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:イーバンク銀行株式会社
  • 著者:市川 徹

制作の背景

日本で初めての独立系インターネット専業銀行を創業した松尾氏。「うちはメチャクチャ金持ちだった」とあっけらかんと語った昭和30年代の優雅な暮らしぶりはため息が出るほど。そんな人物だからこそ挫折をどう乗り越えられるかに興味がわきました。本書の肝は、「ひとりの人間の真価とは、生まれ持った豊かさや学歴ではなく、ゼロの状態になったときこそ問われるものだ」という事実の再確認になります。1カ月以上にもわたる取材に基づき、長銀リストラから日本一のネット銀行を創った男・松尾泰一氏の真価を解き明かしました。

詳細はこちら

あすなろ まいにちのなかに見え隠れするもの。

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:東京海上日動火災保険株式会社 クライアントインタビュー
  • 著者:あすなろプロジェクト

制作の背景

明治12年の創業以来、業界トップを走り続ける東京海上日動火災保険株式会社。損害保険業務のやりがいとはなにか。主体的で人間力のある社員の方々の魅力とは・・・。クライアントが学生に伝えたい“生きた情報”を、現役社員20人のインタビューから集約。主人公の「僕」は、多面的な要素からキャラクター化。日常の一コマを春・夏・秋・冬の普遍的な季節の移り変わりに合わせて小説に仕立て上げました。そのことで東京海上日動パーソンの等身大の姿をドラマチックに描くことに成功。損保会社で働くことの意義が深く理解できる内容となりました。

詳細はこちら

現代原色しごと図鑑2

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:セコム株式会社
  • 著者:市川 徹 (編:現代就職研究会)

制作の背景

セコムをテーマにした書籍は、創業者本など、過去30冊近くも出版されてきました。今回、あえてコストをかけて書籍を作るに至った背景には、「自分たちが本当に伝えたいこと、特に、学生や転職志望者に伝えたいことを濃密にまとめ上げたかった」との広報担当者の想いがありました。シリーズ第1弾のサニーサイドアップ社に対し、著名人の名前や派手なエピソードは出てきません。それでも、「安全・安心」を常に仕事のメインテーマに掲げ、それぞれの持ち場で活躍する社員たちには、熱くひた向きな物語があります。「人に役立つ仕事をしたい」――そんなメッセージ満載の就活本です。

詳細はこちら

東京変貌 航空写真に見る この50年の東京

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:国際航業株式会社
  • 著者:「東京変貌」プロジェクトチーム 編

制作の背景

航空写真撮影の専門会社として60年の歴史を持つ国際航業株式会社が所有する貴重な資料を、一般向け書籍コンテンツとして編集することで、航空写真の社会的役割やその魅力を広く一般に認知させることが狙い。同社の創業60周年記念書籍として企画・制作しました。

詳細はこちら

就職の流儀 人生を良くする40の就活・メソッド

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:エン・ジャパン株式会社
  • 著者:越智通勝

制作の背景

同社の2009年卒業予定者向け就職活動サイトのグランドオープンは10月1日。これにあわせた刊行に向け、3ヶ月という短期間で制作完了。「一般的な面接本やノウハウ本にはしたくない」との意向、そして著者の働くことについての考察を徹底的にヒヤリング。それらを、読者である就活生が手に取りやすく、分かりやすく伝えるため、ラフの段階で若手社員から多くの意見を集約。多くの方がたずさわることで、内容がより深まっていきました。この書籍の根本にあるのは、“起きろ。大学3年生。”という同社が掲げるキャンペーン・メッセージ。著者の知人でもある高橋信雅氏のイラストが、豊かな誌面イメージに寄与しています。

詳細はこちら

それでもピサの斜塔は倒れない 知れば誰かに話したくなる地中のこと

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:応用地質株式会社
  • 著者:応用地質株式会社

制作の背景

民間の地質調査会社として1957年に設立した応用地質の50周年記念事業。業務内容の認知と、それによるリクルーティングが主たる目標です。読者ターゲットとして中高生を想定したのは、理系人材の多くが大学進学時には卒業後の方向性をほぼ決めており、すでに学部を選択している大学生ではなく中高生にアピールしなければ効果が薄いという事情から。「多くの中高生に地質に興味を持ってもらうことで関係学部への進学を促したい。地質の専門家であるジオドクターの魅力を面白く伝えたい」というクライアントの意向を反映した書籍となりました。

詳細はこちら

シーケンシャル・マネージメント 決断はどのように連鎖していくのか。

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:スキューズ株式会社
  • 著者:スキューズ株式会社 代表取締役 清水三希夫

制作の背景

日本の、そして世界のものづくりを支えるファクトリーオートメーション事業と、自社で培った技術力と独自の研究開発を基礎とするロボット事業の2事業で展開するスキューズ株式会社。ものづくりのメッカとされる京都の地に誕生して10年。その節目の年に、企業ブランディングの構築を計画し、その一環として書籍の発行に至りました。著者である清水社長自らがこれまでに行ってきた決断、そしてこれから行っていく決断を、選択肢形式で紹介。多くの経営者の方に参考になるような内容で構成しています。また、「シーケンシャル・マネージメント」という言葉は、本書の編集段階に置いて誕生しました。

詳細はこちら

賢者のための COPD [タバコ病]バイブル 在宅酸素療法という選択

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:Dマネジメント株式会社
  • 著者:D-マネジメント研究会

制作の背景

Dマネジメント株式会社は、在宅医療についての情報提供を通じ「患者主体の在宅医療」のあり方を考え、日本の医療業界に警鐘を鳴らすため設立されました。本書は、同社の目指す質の高い在宅医療や医療差益の現状について広く一般の方に知ってもらうために企画。その第一弾として団塊世代にも関心の高いCOPDと在宅疾病管理プログラムをテーマに選びました。シリーズタイトルの「治す!」には、「賢い患者になって、自分で能動的に病気を治す」という意識をもってほしいという同社の願いが込められています。

詳細はこちら

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼