事例

トップページ > 事例

事例一覧

キーワード検索

最強の営業部隊をつくる タブレットPC活用戦略

  • 書籍分類: 経営者新書
  • クライアント:株式会社インタラクティブソリューションズ
  • 著者:関根潔

制作の背景

iPadを使った営業管理システム「インタラクティブ プロ」を普及させ、営業組織力の向上に貢献したいという想いから出版に至りました。

●著者プロフィール●
関根 潔(せきね きよし)
株式会社インタラクティブソリューションズ
代表取締役
明治薬科大学卒業、薬剤師免許取得。
1990年、日本ロシュ(現・中外製薬)に入社。
2000年、ノバルティス ファーマ入社。製薬業界で初めて製品情報提供サイト、2000人を超える営業社員向けイントラネットを構築するなど、ITを使った営業効率化の仕組みを最前線でつくり上げるとともに、患者向けサイトやネットを使ったマーケティング情報系のガバナンスも統括。
2010年、インタラクティブソリューションズを設立。企業向けタブレットソリューション提供、高度暗号化ソリューション、デジタルコンテンツ作成などを行う。
2010年、厚生労働大臣賞、2014年、MCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)優秀プロダクトを受賞。
詳細はこちら

ジリ貧パチンコホール復活プロジェクト

  • 書籍分類: 新書
  • クライアント:アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社
  • 著者:林 秀樹

制作の背景

かつては人気の娯楽であったパチンコも今や縮小産業と言われています。背景には1円パチンコの台頭や規制強化、そしてパチンコ業界そのものへのマイナスイメージなどがあり、大手ホール以外の中小ホールの多くは苦境に立たされているのです。しかし、長きにわたりパチンコ業界に身を置き、時代の変化を見続けてきた著者は、本当の原因は経営者の分析不足にあるといいます。パチンコ業では、その特異性から経験や勘に頼った営業をしている経営者が少なくありません。しかし、実際には他業種同様、内外からデータを集め、分析し、対策を打つことでどんな小さなホールでも繁盛することはできるのです。現在、著者は全国で悩めるホールオーナー、経営者に向けたセミナーを開催していますが、今回、より多くの人にその内容を知ってもらいたいと書籍の制作を決断しました。

●著者プロフィール●
林 秀樹(はやし ひでき)
アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社 代表取締役。
1972年生まれ、福井県出身。名城大学法学部卒。遊技機販売商社勤務を経てパチンコホール企業へ。エリア統括部長、遊技機調整技術部長などを歴任したのち、株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所入社。2012年、40歳となったことを機に起業。勘や経験に頼らない論理的なホール営業を提唱し、これまでに100店舗以上を危機から救済する。日本全国でパチンコホール営業のセミナー多数。
詳細はこちら

超人材難でも稼げる スゴい工場

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:常盤産業株式会社
  • 著者:清水英敦

制作の背景

機械設備関連の専門商社である常盤産業。「創作商社」というコンセプトを掲げ、業績不振の工場に対して、工場の自動化システムを提案し、多くの企業を立て直してきました。工場の自動化に対して「コストが高い」「人がいるから大丈夫」という中小製造業経営者の思い込みを払拭し、低コストでも生産効率を飛躍的に上げる仕組みを伝えるために制作をスタートしました。


●著者、監修者プロフィール●
清水 英敦(しみず ひであつ)
1959年 愛知県生まれ。
日本大学法学部卒業後、国内大手電機メーカーに入社。工場での生産管理や製造・技術などに携わる。
1986年、常盤産業株式会社に入社。前職で身につけた知識と経験を活かし、提案型の営業を実践。
1996年に取締役、2000年に代表取締役に就任。
自動機専門商社としての強みを活かし、ファブレスメーカーとして、様々なメーカーの製品を組み合わせた自動機を手がける。「ものづくりの未来を守りたい」という思いから、社員の高齢化が進んでいる中小製造業を自動化する提案を積極的に行っている。また、工場の生産性を向上させるだけでなく、従業員のサポートにも力を入れており、 2013年には企業向けメンタルヘルス従業員支援プログラムを提供する会社を設立するなど、企業のトータルサポートを行っている。
認定ファシリティマネジャー(CFMJ)、アマチュア無線技士、メンタルヘルス・マネジメントⅡ種などの資格を持つ。
詳細はこちら

隠れぜんそく

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:医療法人アズマ会佐野虎ノ門クリニック
  • 著者:佐野靖之

制作の背景

国内において喘息の患者は増えており、1960年代では子どもも大人も1%前後でしたが、最近の調査では子どもで約6%と6倍、大人で約3%と3倍になっており、全体では400万人を超えています。
「風邪は治ったはずなのに、咳が一向におさまらない」「少しの刺激で咳が出る」「運動すると息苦しさを感じる」。患者数が増加する中、このような症状があるにも関わらず、自身が喘息だと気づかない人は少なくありません。長年の臨床経験から培った「喘息を見抜く力」や「患者と治療法のマッチング力」を活かし、「喘息治療本」の集大成として位置付けました。

●著者プロフィール●
佐野 靖之(さの やすゆき)
医療法人社団アズマ会 佐野虎ノ門クリニック院長。 1970年東京大学医学部卒業。
米国ネブラスカ州クレイトン大学アレルギー病センター勤務、
同愛記念病院アレルギー呼吸器科部長などを経て、2006年に佐野虎ノ門クリニックと東京アレルギー喘息研究所を開設。
2010年には、ベストドクターズ社が選ぶ、全世界の医師のうち0.6パーセントしかいないベストドクターに選出された。押しも押されもせぬ、喘息治療の権威。既著に『名医の図解ぜんそくに克つ生活読本』(主婦と生活社)がある。
詳細はこちら

ここがポイント! 失敗しないITシステム導入

  • 書籍分類: 経営者新書
  • クライアント:アベールソリューションズ株式会社
  • 著者:山田一成

制作の背景

著者はソニーの情報システム子会社の勤務を経て「システム開発構築の上流工程からクライアントをサポートしたい」という思いから独立。そこで、中小企業において「人材不足」および「経験不足」からシステム導入がベンダー任せになり、失敗の原因になっている現状に気づかされました。こうした現実に警鐘を鳴らし、正しいシステム導入のノウハウを推奨していきたいという思いから、本書は執筆されました。

●著者プロフィール●
山田 一成(やまだ かずなり)
アベールソリューションズ株式会社代表取締役社長。家電大手の情報システム子会社に勤務後、「システム開発構築の上流工程からクライアントをサポートしたい」という思いからアベールソリューションズを創業。 上流工程から下流工程まで一貫した「ワンストップソリューション」に強みをもつ。なかでも、上流工程での「プロジェクトマネジメント」や「システム企画」、「ユーザー要件定義」は業界内で定評がある。 大規模システムでの「プロジェクトマネジメント」や「パッケージ導入支援」に数多くの実績を持つ。
詳細はこちら

疲れ・痛みがスッと消える 「耳のツボ」健康法 1日10分押すだけ

  • 書籍分類: 新書
  • クライアント:おだ整形外科クリニック
  • 著者:小田 博

制作の背景

小田医師は、「肩こりが治らない」「首が痛い」「腕が痛い」などの痛みや疲れでクリニックを訪れる人のために「自分自身にもっとできることはないのだろうか」「未然に防げるような助言ができないものだろうか」、と自問自答を繰り返す日々を続けてきました。疲労や痛みを抱える方々が、クリニックを訪れなくても、快適に日々を過ごせるように――。そのような願いを込めて、難しい知識がなくても誰でも簡単に毎日の生活に取り入れられる「耳のツボ」健康法を開発しました。「疲労や痛みで苦しむ人が減りますように」と真剣に願っている小田医師の長年の思いが、一冊に込められた書籍となりました。

●著者プロフィール●
小田 博(おだ ひろし)
医学博士。日本大学医学部卒業後、日本大学医学部附属板橋病院、駿河台日大病院(現・日本大学病院)、公立安伎留医療センター、東松山市市民病院、春日部市立医療センター勤務を経て、おだ整形外科クリニックを開設。治療を通じて、肩こりや腰痛、VDT症候群に悩む患者と接するうちに、日常の中で疲れや痛みを取り去る方法を模索。整形外科専門医としての知識や技術を生かして、耳の裏を刺激する健康法にたどり着く。 日本整形外科学会専門医、日本脊椎脊髄病学会、東日本整形災害外科学会所属。
詳細はこちら

「税理士」不要時代

  • 書籍分類: 経営者新書
  • クライアント:渡邊浩滋総合事務所
  • 著者:渡邊浩滋

制作の背景

業種特化およびコンサルティング業務の重要性を説き、自身も「不動産専門の税理士」として唯一無二の地位を築いている著者の渡邊氏。これまで培ってきた知識やノウハウを生かして、若手税理士に今後勝ち残るための方法を解説したいという想いから出版に至りました。

●著者プロフィール●
渡邊 浩滋(わたなべ こうじ)
1978年、東京都江戸川区生まれ。
明治大学法学部卒業。
税理士、司法書士、宅地建物取引士。税理士試験合格後、実家の大家業を引き継ぎ、空室対策や経営改善に取り組む。大家兼業税理士として悩める大家さんのよき相談役となるべく、不動産・相続税務専門の税理士法人に勤務。2011年12月、税理士・司法書士渡邊浩滋総合事務所設立。司法書士の資格を活かし、不動産のスペシャリストとして税務だけでなく法律面の観点からもトータル的なアドバイスを提供。
著書に『大家さん必携!ライフサイクルから考える賃貸経営の税務Q&A』『Q&A固定資産税は見直せる―適正納税の方法と実践』『行動する大家さんが本気で語る選ばれる不動産屋さん選ばれない不動産屋さん』『大家さんのための超簡単!青色申告』など多数。
詳細はこちら

はじめての「FX」ソーシャルトレード入門

  • 書籍分類: 単行本
  • 著者:向山 勇

制作の背景

FX=ハイリスクというイメージを払拭し、未経験の人でも安心して始められる「ソーシャルトレード」を普及させたいという想いから出版に至りました。

●著者プロフィール●
向山 勇(むこうやま いさむ)
金融ジャーナリスト。マネー誌編集長を経て、2004年に独立。
株式、FXなどのトレードを実践しながら、その経験をベースに投資に関する書籍、ムックの執筆、編集に携わる。FXでは、リーマンショックで数百万円の損失を抱えたことからシステムトレードに目覚め、以降は自動売買ツール中心としたトレードを実践中。
詳細はこちら

毎日奇跡に出会えるシゴト

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:株式会社カーブスジャパン
  • 著者:カーブス

制作の背景

2010年に『30分健康カーブス体操――50歳からの人生が変わる』を弊社から出版。今回は、コーチの士気を向上させるツールとしての活用をご希望。現場で起きた感動のストーリーを紹介したいという想いから出版に至りました。

●著者プロフィール●
カーブス(かーぶす)
女性だけの30分健康体操教室。2005年に日本1号店をオープン、2016年現在日本全国に1750店展開し、メンバー(会員)数は80万人を超える。 店舗数、会員数ともに、日本一のフィットネスクラブ。女性にとって必要な3つの運動(筋力トレーニング、有酸素運動、ストレッチ)を組み合わせた独自のサーきっトレーニングは、1回わずか30分。体重、ひざ、腰、筋力、血圧、血糖値。コレステロール、健康維持など、さまざまな悩みを持つ50~70歳代中心の女性に支持されている。
詳細はこちら

素肌美人は“水素イオン水”でつくる

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:株式会社ササキ
  • 著者:佐々木秀介
  • 監修:沼本秀樹

制作の背景

「基礎化粧品は肌によくないものばかり、本当は使わないほうがいい」――ある化粧品メーカーの商品開発部長の言葉に衝撃を受けた著者。
それでも危険な化粧品を製造・販売し続ける美容業界に強い憤りを感じ、安心・安全な基礎化粧品を追い求めて、20年以上にわたって女性のスキンケアについて研究を続けてきました。
そのなかで、美肌のカギを握るのは水分を肌の内部まで浸透させる「水分補給」、水分を保つ「保湿」と、肌トラブルの原因である悪玉菌のみを排除する「除菌」であると確信するに至りました。そしてさまざまな調査を行った末、水分補給、保湿と除菌に大きな効果を期待できる“高濃度水素イオン水”にたどり着きました。 今回、化粧品メーカーに踊らされ、知らず知らずのうちに、ケアするどころか肌をきずつけ続けている女性たちを救いたいとの思いから、本書の執筆をスタートしました。


●著者、監修者プロフィール●
佐々木 秀介(ささき ひでゆき)
株式会社ササキ代表取締役社長。
1993年創業。老若男女問わず肌トラブルを抱える人が「絶対の安心と満足」を得られる化粧品の実現のため、20年以上にわたり研究・開発を行う。また、化学物質過敏症を発症した方々などを支援するとともに、化学物質に依存しない社会を目指す取り組みに参加している。日本アトピー協会賛助会員、化学物質過敏症支援センター賛助会員、日本口腔機能水学会会員。

沼本 秀樹(ぬもと ひでき)
医学博士。青山ラジュボークリニック院長。
1959年、高知県生まれ。
90年に順天堂大学整形外科大学院を卒業したのち、石和町立峡東病院院長、六本木ヒルズけやきクリニック院長などを歴任し、現在は青山ラジュボークリニック院長を務める。
アンチエイジング美容を専門とし、女性たちの「満足できる美肌づくり」をサポートしている。
詳細はこちら

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼