事例

トップページ > 事例 > がんを治すのに薬はいらない

事例詳細

がんを治すのに薬はいらない
  • Amazonで買う

がんを治すのに薬はいらない 「遺伝子群の働き」を正常化して再発・転移を防ぐ仕組み

ISBN 9784344998582
クライアント 素問八王子クリニック
著者 真柄俊一
初版発売日 2012/07/27
価格 1,400円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

著者が実践する自己免疫力によるがん治療とは、
①刺絡治療…独自の鍼灸治療である「刺絡」で副交感神経を刺激
②食事指導…アメリカ人の食生活は命を奪う死病の元とした「マクガバンレポート」をベースに、肉類や牛乳、卵などの動物性食品をやめ、植物性食品中心に変える
③意識療法…環境が遺伝子を制御すると考える生物学「エピジェネティクス」をベースにしたプラス思考や笑いによって自然治癒力を高める
本書ではこれらを総合的に行うことが重要であると提言し、世界トップレベルの研究者や医師たちの著作を整理しながら、正しいがんの治療法とその考え、これまでの回復事例を明らかにする。

制作の背景

クリニック開設以来、2700人以上のがん患者を自立神経免疫療法(刺絡治療、食事指導、意識療法)によって治療している「素問八王子クリニック」。抗がん剤に苦しむ患者を目の当たりにし、がん3大治療を疑問視する同クリニックの院長を著者に迎え、患者さん一人一人が自らの回復につながる正しい最新の医療情報を伝えたいとの思いから本書の刊行にいたりました。

 

関連書籍

進行がんは本当に治るのか?

進行がんは本当に治るのか? ANK免疫細胞療法の実態

  • クライアント:リンパ球バンク株式会社
  • 著者:松崎千佐登
詳細はこちら
免疫細胞治療

免疫細胞治療

  • 著者:武藤徹一郎(監修)
詳細はこちら

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼