事例

トップページ > 事例 > 世界トップシェアを勝ち取った田舎の小さな工場の奇跡

事例詳細

世界トップシェアを勝ち取った田舎の小さな工場の奇跡
  • Amazonで買う

世界トップシェアを勝ち取った田舎の小さな工場の奇跡

ISBN 9784344994898
クライアント オキツモ株式会社
著者 山中重治
初版発売日 2016/10/14
価格 1,300円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【会社存続の危機からはじまった、一発逆転の開発戦略!東京から5時間、名古屋・大阪から2時間以上かかる田舎の企業がなぜトップシェアを守り続けられるのか?】

日本の製造業は成熟期を迎え、国内市場は縮小しています。大手メーカーは海外に市場を求め、海外での現地生産を加速していますが、海外に拠点を持たない国内の中小企業は、生き残りをかけた熾烈な競争を余儀なくされています。
そのような過酷な経営環境の中でも安定成長を続けているのが、耐熱塗料専門メーカーのオキツモです。オキツモが手がけるのは、バイクのマフラーやファンヒーター、厨房機器など高温環境で利用される製品向けの塗料です。東京から5時間、名古屋・大阪から2時間以上かかる三重県名張市という山間部にあり、従業員も200人に満たない中小企業でありながら、国内シェアトップ、海外シェアトップの製品を数多く保有しています。
資本も人的リソースも決して多くない山間の中小企業が、なぜ世界トップシェアを獲得し、順調に業績を伸ばし続けられるのでしょうか?
オキツモで実際にあった耐熱用塗料の開発ストーリーを通して、セオリーにはまらない独自の開発戦略を公開します。

●contents●
第1章:「社長!2億円の受注がなくなりました!」~涙声の電話から始まった最大の危機
第2章:会社の窮地を救え!~職人の一声から生まれた「放熱」という希望
第3章:大逆転への非常識な英断~研究員のやる気だけに賭けた異素材開発への挑戦
第4章:「選択と集中」「合議制」は不要~型破りな開発戦略がオンリーワンの商品を生み出した
第5章:「開発先行型企業」からの脱皮~提携先との協議がビッグビジネスを引き寄せる
第6章:成功のセオリーをあえて無視する~世界トップシェア製品を連発する逆転の哲学

制作の背景

設立70年を迎え、これまでの歩みを社史として残そうと考えた三代目社長。しかし、一般的な重厚長大な社史では書棚に飾られるだけで誰にも読まれない、70周年の記念として、一般の読者にも広く親しまれる企業ストーリーを作りたいという思いから出版を決意されました。
ストーブ用の耐熱塗料を開発してオキツモの原点をつくった創業者、塗料を塗膜と捉えて機能性塗料分野に進出した先代社長、そして、塗料という業種業態の枠を超えて新たな市場の可能性追求する現在の活動を通し、オキツモのDNAを社内外に発信することを目的として制作がスタートしました。

●著者プロフィール●
山中 重治(やまなか しげはる)
1967年、三重県に生まれる。1992年、甲南大文卒、同年オキツモ入社。1997年にオキツモ・インターナショナル社長就任、2000年常務取締役を経て代表取締役に就任。

関連書籍

えがお経営

えがお経営

  • クライアント:株式会社えがお
  • 著者:北野忠男
詳細はこちら
情熱経営

情熱経営

  • クライアント:医療法人湘美会
  • 著者:相川佳之
詳細はこちら
老舗に学ぶ企業改革成功の理由

老舗に学ぶ企業改革成功の理由

  • クライアント:森下仁丹株式会社
  • 著者:取材協力:森下仁丹株式会社
詳細はこちら
町の金型屋、世界へ

町の金型屋、世界へ ~脱・下請けのストーリー~

  • クライアント:UHT株式会社
  • 著者:松本 芙未晃
詳細はこちら
儲けを生み出す工場の秘密。

儲けを生み出す工場の秘密。

  • クライアント:株式会社ROSECC クライアントインタビュー
  • 著者:堀 志磨生
詳細はこちら

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼