事例

トップページ > 事例 > ウェブマーケティングという茶番

事例詳細

ウェブマーケティングという茶番
  • Amazonで買う

ウェブマーケティングという茶番

ISBN 9784344994171
クライアント 後藤ブランド株式会社
著者 後藤晴伸
初版発売日 2016/08/31
価格 800円(税抜)
書籍分類 経営者新書

内容

【業界を知り尽くした著者が暴露する 経営者が知らない インチキマーケティングの真実】

もう、名ばかりウェブマーケティングに騙されない! ウェブマーケティング業界の闇を徹底暴露。 業界に身を置く著者だからわかる、インチキウェブマーケティングの特徴から業界関係者震撼の化けの皮をはがす質問項目までを伝授します。

●contents●
第1章:まったく効果のないウェブマーケティングというまやかし
第2章:広告代理店、SEO会社、制作会社……。実態のないビジネスで暴利をむさぼる素人集団
第3章:問題は業者側だけにあらず。丸投げ体質の依頼者たちがウェブマーケターの“カモ”
第4章:結果を出せない業者は3カ月で切れ!費用対効果を正しく見極めるウェブマーケティングの基礎知識
第5章:ウェブの知識がなくても見破れる!素人集団の化けの皮をはがすチェックポイント
第6章:問い合わせ増で喜ぶな。ウェブマーケティングは売り上げを劇的にアップさせる最強の武器

制作の背景

インターネットが生活にすっかり浸透し、検索順位を上げたり、広告から商品の購入に直結させることを請け負うウェブマーケティング会社が増えています。しかし、中には効果が出ないウェブマーケティングを顧客に提案し続け、毎月の管理費を受け取り続けたり、大手広告代理店の中には下請けだけでなく孫請けやひ孫請けと外注を何階層にも行い、顧客への請求額を無駄に膨らませているだけのところも少なくありません。依頼者側もウェブの知識が乏しいために、業者側に丸投げし、言われた通りに契約し続けてしまうことも問題に拍車をかけています。業界に身を置く著者だからこそ知りえるウェブマーケティング業界の闇を抉る一冊です。

●著者プロフィール●
後藤 晴伸(ごとう はるのぶ)
青山学院大学国際政治経済学部を卒業後、凸版印刷株式会社入社。
電通・電通テック担当として、大手企業の紙媒体を中心とした広告制作を担当。大手インターネット広告代理店、株式会社セプテーニへ転職し、SEMコンサルタントとして数十社のリスティング広告の運用を担当。
その後、取締役としてウェブマーケティング会社の立ち上げに参画。孫請け、ひ孫請けとしてウェブマーケティングに携わる中、業界特有の構造への疑問が強くなり、2014年に独立し、後藤ブランド株式会社を設立。
経営改善にまで踏み込んだ提案力、クライアント企業への遠慮のない物言いで、数々の中小企業の売上増に貢献。 後藤ブランド株式会社代表取締役。

関連書籍

新規顧客をウェブサイトで開拓する方法

新規顧客をウェブサイトで開拓する方法

  • クライアント:株式会社リーディング・ソリューション
  • 著者:中田義将
詳細はこちら

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼