事例

トップページ > 事例 > 中小企業の「後継社長」が知っておくべき会社引継ぎ50の鉄則

事例詳細

中小企業の「後継社長」が知っておくべき会社引継ぎ50の鉄則
  • Amazonで買う

中小企業の「後継社長」が知っておくべき会社引継ぎ50の鉄則

ISBN 9784344910522
クライアント 株式会社宝輪
著者 蕪竹 理江
初版発売日 2017/01/15
価格 1,300円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【事業継続、取引先との関係、従業員の生活――新社長にのしかかる重圧をはねのけ、経営を成功に導く鉄則とは。】

いつの時代も先代社長から事業を引継ぐ者の苦労は大変なものです。ただでさえ困難な会社承継ですが、近年の中小企業を取り巻く経営環境は厳しさを増すばかりで、好景気だった高度経済成長期とは比較にならないほどの重圧が、後継社長にのしかかっています。そのような中で、事業を円滑に引継ぎ、従業員とその家族を守っていくために、本書では、自身も中小運送業の3代目社長である著者が、後継社長が守るべき50の鉄則をご紹介します。
 後継社長としての心構えから、財務諸表の正しい見方、従業員とのコミュニケーションの図り方など、実際の著者の経験を織り交ぜた、即実践できる生きた鉄則のみを厳選して紹介しています。

●contents●
序章:激変する経営環境の中でますます困難になった会社承継
第1章:後継社長の役割を具体化する目標設定の鉄則【自己改革編】
第2章:財務諸表から経営課題を明確化する数字管理の鉄則【数字力の向上編】
第3章:従業員を掌握するコミュニケーションの鉄則【リーダーシップ編】
第4章:事業の柱を構築する「選択と集中」の鉄則【ビジネスモデルの変革編】
第5章:次代へ事業をつないでいくための投資の鉄則【事業継続編】

制作の背景

著者は経営コンサルタントとしてこれまで数多くの中小企業の経営者に接するなかで、多くの経営者が組織の活気のなさについて嘆いている問題に着目しました。経営者にとって最も大事な「夢ロマン」を軸とした経営手法こそ、組織にイノベーションを起こします。日本の中小企業、そして日本経済がV字回復に向かい、人々がもっと笑顔になってほしいという思いから、本書は執筆されました。

●著者プロフィール●
蕪竹 理江(かぶたけ りえ)
株式会社宝輪 代表取締役社長
株式会社トレジャーシステム 代表取締役社長
中日本自動車株式会社 代表取締役副社長
株式会社装芸三重 取締役
1980年、三重県生まれ。
2003年、地元の大学を卒業後、国内大手ガラスメーカーに入社。3年間社長秘書を務めた後、2006年宝輪入社。
3年間の取締役を経て2009年に28歳で代表取締役に就任。創業時から続く運送業、不動産賃貸業を拡大するほか、大胆なM&Aによってガソリンスタンド業、リフォーム業をスタートさせるなど事業の幅を広げる。また、社内システムや組織図の刷新、独自の経営論に基づいた人事評価制度を導入するなど、圧倒的な決断力と女性ならではの細やかな視点を併せ持った経営戦略により、社長就任からわずか6年で売上を1.5倍以上アップさせた。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼