クライアントインタビュー

トップページ > クライアントインタビュー > 皮膚臨床薬理研究所株式会社

皮膚臨床薬理研究所株式会社

ヘアケアのノウハウを深く訴求。
テレビ出演も果たし講演、取材のオファーが続々!

皮膚臨床薬理研究所株式会社
書籍 『美髪シャンプーの嘘』
クライアント 皮膚臨床薬理研究所株式会社

ご担当者 代表取締役社長
北澤秀子氏

理学博士、毛髪診断士、美容師。
化粧品をはじめとする美容全般の研究に長く携わる。ヒト頭皮による発毛、 育毛のための施術研究、顔ヨガ・表情筋運動の提唱、肌のカウンセリングの分野でも活躍。
1989年、皮膚臨床薬理研究所株式会社入社。2006年、代表取締役に就任。 指導書籍として『10歳若返る美肌ストレッチ』(実業之日本社)がある。

出版前の状況

「Hifuken」ブランドを2010年から立ち上げましたが、ウェブ上のみでの訴求には限界があり顧客獲得が難しい状況でした。

一方で、ヘアケアやスキンケアの専門家としてノウハウをもち、生活総合情報サイト「All About」で髪の悩みに関する記事を数多く執筆してきた経緯から、その記事をまとめたものを書籍化したいと考え、企画書を出版社に提案していました。しかし、なかなか出版までに至らず書籍出版の難しさを感じていました。

そんな時、幻冬舎メディアコンサルティングからお話を頂きました。編集担当の方と話し合いながら、読者に届く形で企画を練り直すことで、出版にこぎつけることができました。

出版後の効果

出版の反響は大きく、髪に対する関心の高さは万人のものであると改めて感じました。

「Hifuken」ブランド商品の売り上げが伸びたことはもちろんですが、テレビ番組「レディス4」(テレビ東京系)に出演したことで多くの方に私の活動を知ってもらうことができ、講演会なども増加、自身のブランディング効果を肌で感じることができました。

また、私が長年訴えてきた間違ったヘアケアを続けることの危険性や正しいヘアケアのノウハウなど膨大な情報を広く世に伝えることができ、薄毛などに悩んでいる方々のお役に立てたということが本書を出版して良かったと思える一番の点です。

出版を検討している企業へのメッセージ

私のように商業出版の企画書を作成し出版社に持ち込んだ経験がある方は沢山いらっしゃると思います。しかし、企画立案という慣れない作業はかなり難しく、出版以前の段階で断念してしまうケースも多いのではないでしょうか。

そんななか私は、幻冬舎メディアコンサルティングが提案した書籍の企画・構成と、自分が専門分野で培ってきた正しいヘアケアに関するノウハウを伝える方法とをうまくかみ合わせることができ、本書を出版するに至りました。結果、本の内容はもちろん出版後の反響にも大変満足しています。

持ち込み企画を眠らせたままにしている方は一度相談してみてはいかがでしょう?

出版を検討している企業へのメッセージ

<ヘアケアの”常識”疑ってみませんか?>
いまや「ヘッドケア」「美髪」がブームとなる一方で、ヘアケアに悩みを抱える女性が増えています。それは、彼女たちがちまたにあふれるヘアケアに関する商品や情報をあるがままに受け入れ、疑うことなくシャンプーやトリートメント、パーマなどを続けてきた結果ともいえます。 もし、あなたがいま“美しい髪”のためにしていることが、実は薄毛や抜け毛をまねいているとしたら……30年以上美容商品の開発などに携わった理学博士が、「シャンプー選びの嘘」「ヘアケアの嘘」「育毛剤の嘘」「生活習慣の嘘」の4つを暴く、目からウロコの一冊。

事例情報

美髪シャンプーの嘘

  • クライアント:皮膚臨床薬理研究所株式会社
  • 著者:北澤秀子
詳細はこちら

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼