クライアントインタビュー

トップページ > クライアントインタビュー > エバンスコーポレーション株式会社

エバンスコーポレーション株式会社

出版前比30~40倍以上の問い合わせを獲得!書籍で差別化、集客を実現!!

エバンスコーポレーション株式会社
現在3刷
書籍 『なぜ多重債務者がベンツに乗れるのか?』
クライアント エバンスコーポレーション株式会社

ご担当者 代表取締役
鳥巣正樹氏

1963年福岡県生まれ。幼少時代の借金が原因で厳しい生活を余儀なくされた経験を持つ。2003年、エバンスコーポレーション株式会社を創設。賃貸管理、不動産売買、リフォームをはじめ、任意売却、競売取り下げ、不動産コンサルティング業務などを積極的に行い、住宅ローン・借金に苦しむ人々のサポートをしている。

出版前の状況

本を出す前は、チラシやDMを中心に集客を行っていました。しかし、多くの競合他社が同様の手法を取っており、見込み客の手元には、競合他社から山のような送付物が送られているといった状況でした。さらに競合他社の中には誤解を招く表現で顧客を誘導しているケースも散見され、当社の独自性を訴求し集客することが難しい状況にありました。

そんな中、幻冬舎メディアコンサルティングから魅力的な企画をご提案頂き、他社との差別化を図るために本の出版を決意しました。

出版後の効果

出版の効果は、驚くほど高いものでした。読者からの反響の多さはもちろんなのですが、本を読んだ方からのお問い合わせの「質」が非常に高いことが、今までの媒体と大きく違う点と言えます。本を読んだ上でお問い合わせをいただくため、商談の効率が良いこと、そしてやはり、本を読む方は知的レベルが高いため、1件あたりのビジネス単価が高くなる傾向があります。

また、借金に苦しむ方の中には、同様のテーマの本を既に数冊読んでいて、「今まで読んだ本の中で、鳥巣さんの本が一番良かった」と仰って頂けることもありました。差別化が成功しているということです。幻冬舎メディアコンサルティングの企画力、編集力に感謝しております。

これは余談ですが、私自身のブログのアクセス数が出版前の100倍にまで跳ね上がったのには驚きました。さらに、セミナーのオファーを多数いただき全国を飛び回っている状況で、今後は人材を補充しなければならないほどです。

出版を検討している企業へのメッセージ

ひとくちに「本を出す」と言ってもさまざまなやり方があります。

私も当初は、自社の小冊子をリニューアルしよう、程度のことしか考えていませんでしたが、結果としては、幻冬舎メディアコンサルティングにお願いして良かったと思っています。

内容的に非常に満足できる本を出版することができ、現在ではこの本を主軸とした効率の良いプロモーション、集客にシフトしています。

私自身、事業においてはプロを自認していますが、潜在顧客にどう振り向いてもらえるか、「自分に関心を持ってもらい、自分の考えに共感してもらう」ためにどのようなアプローチが最適なのかについては、その道のプロにお願いすべきではないかと思います。

書籍の内容

<借金”踏み倒しノウハウ”!>
合法的に、正々堂々と借金を“ゼロ”にする裏ワザがあります。ズバリ、これが“新・債務整理論”です。本書では、事業ローン・住宅ローンをはじめ、多重に借金を抱える債務者を救う借金返済(踏み倒し)術を大収録。合法的に借金をゼロにして、人生を再スタートさせた成功者の事例をもとに、目からウロコの対応策を伝授します。借金が原因で苦しい幼少時代を余儀なくされた著者が、その復活劇から学んだ“踏み倒しノウハウ”が詰まっています。

事例情報

現在3刷

なぜ多重債務者がベンツに乗れるのか?

  • クライアント:エバンスコーポレーション株式会社
  • 著者:鳥巣正樹
詳細はこちら

関連インタビュー

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼