クライアントインタビュー

トップページ > クライアントインタビュー > 株式会社Woomax

株式会社Woomax

講演の新規受注数が2倍に
ウェブニュースの取材やラジオ出演の依頼も

株式会社Woomax
書籍 『なぜ女性部下から突然辞表を出されるのか』
クライアント 株式会社Woomax

ご担当者 代表取締役 竹之内幸子 様

株式会社Woomax(ウーマックス)代表取締役。大学卒業後、石油会社に入社。結婚後、出産・育児の最中は中小企業でアカウンティング業務を経験した後、営業支援会社で中小企業の営業支援コンサルタントとして全国300社のクライアントの課題解決に携わる。その後、研修会社で人財育成コンサルタントを務め、その会社から法人研修部門を独立させた株式会社Woomaxを創業し、現在に至る。

出版前の状況

女性の社会進出が進む一方、女性部下の扱いに悩む男性上司が増えています。女性部下によかれと思ってかけたひと言がプライドを深く傷つけていたり、元気を出してもらおうとかけたひと言によって、逆に仕事に対するモチベーションを低下させてしまうことがあります。男性部下に対して効果的な言葉が、女性部下にとって逆に作用してしまうことがあるのです。
上手なコミュニケーション術と女性活用推進の重要性を伝えることを目的に、出版する運びとなりました。

出版後の効果

出版後2カ月で、講演やセミナーの受注が2倍ほどに増えました。本書の狙い通り、男性管理職向けのものが中心です。その他、書籍がきっかけで、ウェブニュースの取材やラジオ番組への出演など、メディア系の引き合いが増えたことも大きな変化です。
本書には、できるかぎり具体的な事例を豊富に盛り込みました。その結果、読んだ男性管理職からは「“地雷発言”を昨日言ってしまった……」「もっと早くに読みたかった」など、想像以上の反響の声をいただきました。
反感を危惧していた女性部下のみなさんからも、「耳が痛いけれど読み応えがあった」と言ってもらえて嬉しかったです。
また、当社の経営ビジョンを正しく理解してもらえたことも大きな収穫でした。女性活用推進を掲げていると「女性権利の獲得を最優先している」と誤解をされることもあったのですが、出版後は、男女どちらかに偏るのではなく、互いの特性を知って尊重し合う組織づくりを目指す、私たちの考えを理解してもらえました。

出版を検討している企業へのメッセージ

原稿作成に入る前に、読者ターゲットをどこに置き、どんな切り口で展開するか、編集者が練りに練って提案してくださったのでとても助かりました。本書のタイトルは、インパクトが強すぎるのではないかと当初は不安を覚えていたのですが、読者のみなさんからは好評だったので、やはりプロの提案に沿って進めてよかったと思っています。
出版後も、編集と営業がチームとなって販促に取り組んでくれました。書店での展開やパブリシティ活動に関しても、随時教えてくださるので安心感があります。
会社案内やパンフレットをつくるのもいいですが、理念やメッセージを的確に訴求できる書籍という媒体は、とても有効であると感じました。

事例情報

なぜ女性部下から突然辞表を出されるのか

  • クライアント:株式会社Woomax
  • 著者:竹之内幸子
詳細はこちら

関連インタビュー

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼