クライアントインタビュー

トップページ > クライアントインタビュー > スターティア株式会社

スターティア株式会社

会社のファンを増やして採用課題を解決!
社員のモチベーションも向上。

スターティア株式会社
書籍 『ザ・会社案内』
クライアント スターティア株式会社

IT関連商材(パソコン、ルータ、サーバー、ファイアーウォール、ビジネスホン、複合機etc)の取扱いから、オフィス立ち上げに伴う不動産案内、レイアウト作成(アメニティ)、内装、家具、引越しの手配、さらに、NTTの手配から通信機器の設営、ネットワーク構築、サーバー環境の整備に至るまで、オフィスのインフラを総合的に提案する”ワンストップソリューション”を展開。2005年12月東証マザーズに上場を果たした。

ご担当者 代表取締役社長
本郷秀之氏

1966年、熊本県生まれ。高校卒業後、ホテルマンを目指し、専門学校に通うが、“ホテルに来る側になりたい”と進路変更。その後、訪問販売会社を経て、通信会社へ転職、1996年に、株式会社エヌディーテレコムを立ち上げる。2004年、社内公募により社名を「スターティア」に変更、現在に至る。趣味はゴルフ、お酒は焼酎党。牡牛座・AB型。

出版前の状況

私たちはサービス業ですから、最大の資産は人材、つまり課題は「採用」です。

私たちの採用説明会では「事業内容」や「業績」などについてほとんど触れませんが、集まってくれた学生に飽きさせない工夫を凝らしています。私たちが学生を選ぶのではなく、学生に選んでいただくような会社を目指しているのです。

書籍の出版は、社員のモチベーション向上にも有効だと思いました。

弊社が人を大切にする会社であることが、書店を通じて多くの読者に伝わり、その伝播効果で採用説明会に少しでも多くの学生を集められたらと考えたのです。

自分たちの会社がテーマになった本が街の書店で売っているなんて、誰だってワクワクしますよね。

Webからの情報は速報性や利便性という点は優れていますが、あえてアナログな書籍を採用することで、実際に手にとってもらって、面白がって読んでいただき、弊社のファンになってもらえればと思います。

出版後の効果

今回の制作を通じて、さまざまな気付きがありました。できあがった書籍は商品として流通させるわけですから、独りよがりな内容では売れません。会社の価値、ひいては自分たちの価値を客観的に見つめ直すいい機会になったと感じています。

「がんばろう」というモチベーションが大きく向上しました。

刷り上った書籍を手にとってみると……言葉になりませんね、感無量です。

編集作業の途中で校正などを見せていただいていましたが、ページ単位だったので完成形のイメージがつきにくかった。こうして一冊の本として手にしてみると、本当に思い通りの作品が仕上がったと実感しますね。

広げると「すごろく」としても使える変形カバーも思いのほかユニークです。こんな装丁デザインは幻冬舎メディアコンサルティングさんならではと思います。書店にはさまざまな本が売っていますけど、こんなインパクトの強い作品は見たことがありません。

出版を検討している企業へのメッセージ

費用対効果はこれから計っていくわけですが、もしこの本を読んだ優秀な学生を15人採用できれば投資した分は十分回収できると考えています。

年々採用環境が厳しくなっていく中で、数カ月間書店を通じてアピールできるということは、とても魅力的な手法だと思いますよ。

社員のモチベーション向上のためにも、形のある「書籍」づくりはおすすめです。

書籍の内容

<会社案内を書店に陳列!?>

オフィスのトータルプロデュース企業、スターティア。同社が“会社案内”を大胆書籍化! 脅威の成長を支える若手社員と社風、社長の主張まで、等身大のスターティアがまるごとわかる一冊です。書店にならぶ書籍を読んだ学生を採用、社員のモチベーションも大きく向上。

事例情報

ザ・会社案内

  • クライアント:スターティア株式会社
  • 著者:スターティア株式会社
詳細はこちら

関連インタビュー

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼