よくある質問

企業出版(ブランディング出版):HOME > よくある質問 > » 新聞広告を使った広告戦略について知りたい。

よくある質問

新聞広告を使った広告戦略について知りたい。

常に新刊があふれる日本では、パブリシティー戦略、広告宣伝活動が非常に重要な取り組みになっています。
幻冬舎メディアコンサルティングでは、全国紙の広告を中心に、多くの人に書籍を知ってもらうための広告宣伝活動を行っています。

書籍のジャンルにもよりますが、パブリシティー、広告宣伝戦略の中で、大きな効果が期待できるのが、新聞広告です。

近年の情報発信手段は多岐に渡り、交通広告、折込チラシの他、SNSの活用も活発となっていますが、新聞に掲載されるということは、それらの媒体同様の効果に加え、他にも大きなメリットが期待できます。
中でも注目すべきは、新聞、それも全国紙に掲載されることで、「公」のイメージを加えることができる点です。
企業のPR活動、広告戦略は、自社媒体を使って自ら発信するよりも、信頼性の高い専門家、第三者機関の信頼性を活用することで、大きな効果を得ることができますが、その中でも、全国の消費者の手に届く新聞広告の活用は、特に効果的です。

また、書籍を使ったブランディング戦略において新聞広告の活用は、「公」のイメージとともに消費者に届くというメリットだけでなく、書店に展開する書籍を吟味する書店員にも大きな影響を及ぼします。

幻冬舎メディアコンサルティングでは、日経、産経、毎日新聞の計3紙の朝刊に広告を掲載します。書籍購入意欲の高い読者層の存在、広告を見た読者が実際に購入に至った件数など、数々の検証から、上記3誌をおすすめしております。
※広告掲載サービスのご依頼があった場合に限り。

 

参考:幻冬舎ブランドの特徴(広告・パブリシティ戦略)

無料ダウンロード:企業出版サービス案内資料

他の質問も表示する
他に知りたいこと・ご質問がある方はこちらからメッセージをお送りください
  • クライアントインタビュー
  • 企業ブランディング法
  • 数字で見る幻冬舎MC

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼