トップページ > 会社案内 > マネージャー紹介

マネージャー紹介

執行役員副社長

member01_yaguchi

執行役員副社長

矢口 仁

私は2005年の当社設立から、700冊以上のブランディング書籍プロジェクトに携わってまいりました。今までの10年間で強く確信していることは、この成熟したネット社会においても、依然として「書籍×書店」が非常に魅力的かつ効果的なメディアであり続けているということです。
創業以来培ってきた「ベストセラー方程式」と、全国の書店への戦略流通ノウハウが、私たちの最大の強み。
企業課題の解決を行う、唯一の出版社として、これからも更なるサービス向上を図ってまいりたいと考えております。

営業企画部

member03_sato

営業企画部
部長

佐藤 大記

書籍だからこそ持つ「高い情報発信力」と「圧倒的な信用力」を最大限に生かしたマーケティングは絶大な効果をもたらします。
予期せぬ新しい発見や出会いも可能にします。プロフェッショナルであるクライアントと価値観や感性、課題を共有し、共に歩む姿勢を大切にしながら、他のメディアでは実現できない課題解決策をご提案します。幻冬舎だからこそ実現できるプロジェクトにご期待ください。

aoki

営業企画部
マネージャー

青木 達也

私がクライアントと共に書籍を企画する過程において、最も大切にする事は「リレーション」です。最初から課題ありきで進めるのではなく、「リレーション」を重ねながら、クライアントと信頼関係を構築することで、課題の本質も自ずと見えてきます。 書籍は一朝一夕で創る事は出来ません。書籍が完成するまでに、クライアントをはじめ、何人もの思いや、期待が形となり、一冊の本が生まれます。
私は、担当者として、出版に関わった方々の思いや期待を力にし、クライアントの課題解決、そして、読者の方がこの書籍に出会えて良かったと、充実感を覚えて頂ける書籍を世に発信する事を目標に、日々邁進しています。

ToyotoTaguchi

営業企画部
マネージャー

矢口 豊人

出版社への就職というと、業界経験者、職種経験のある即戦力が求められている、と一般的には思われているのではないでしょうか。しかし、私達幻冬舎メディアコンサルティングでは、出版社での勤務経験や、業界を取り巻く“常識”を身に付けていることは一切求めません。実際に、業界や職種未経験からスタートした多くの仲間が活躍しています。

社会における幻冬舎メディアコンサルティングの役割とは何か?それは人々の課題に応えることです。これまでも、書籍出版を通じ、多くの企業課題解決を行なうことができました。これを成し得たのは、経験やスキルによるのでは無く、社員一人一人の「情熱と、他者への想像力」の蓄積であると確信しています。これからも、これまで培ってきた個々の想像力を組織として高めながら、出版社だからこそ実現可能な新しい価値を社会に提供し続けたいと願っています。

だからこそ今、出版業界の経験や慣習にとらわれない、未経験者の「あなた」の力と成長が必要です。情熱と想像力を存分に解き放つフィールドをご用意し、お待ちしております。

eguchi

営業企画部 第1営業企画室
室長

江口 夏希

私は物心付く頃から本が大好きでした。
本を読むと、毎回、著者にお会いしたかのような感動を覚え、想像を膨らませます。
「人に出会う」ことと同じくらい、「本を読む」ことには価値があると思っています。
また、それは著者にとっても同じくらい価値の高いことだと思っています。
限られた時間の中で「本」という信用価値の高い媒体を用いて、いかに広め、知らしめ、出会うか。
お客様の課題を解決し、「伝えたい」思いと、「知りたい」思いを繋げていけるよう、お客様に寄り添って一生懸命考えていきたいと思います。

member05_otoshi

営業企画部 第3営業企画室
室長

大歳 恭平

私は年10冊~15冊程度のブランディング書籍プロジェクトに参加させていただいております。
この仕事の最大の魅力は「様々な業種・業態の代表にお話を伺えること」。そこには自分の知らなかった世界があり、その世界に掛ける強い想いを持った”仕事人”の方々が存在します。
そして、その想いを最も深く伝えられるツールは書籍であると私は確信しています。ホームページでの情報は書き換えが効きます。しかし、書籍はそうはいきません。確かな想いがなければ書籍は完成しません。
「商品やサービスに込められた想い」を読者に届ける。
シンプルながらとても困難なミッションを、私は企業出版を通じ世に発信していきたいと考えております。

higashi

営業企画部 第4営業企画室
室長

東 将吾

我々は出版社としてコンサルティング事業を行っております。書籍を単なる読み物としてではなく、メディアとして捉えた場合、そこには明確な「ターゲット」が存在します。
企業出版は読者ターゲットに対して著者の想いをより深く、ダイレクトに訴えることで獲得する“反響”からあらゆる経営課題の解決を実現します。人がお金を払って本を買うということは、潜在的な興味・関心を寄せていただいたということでもあり、そういった読者をゴールへと導くこともまた、我々の使命であると考えます。
本を出す側も読む側にもメリットがある書籍を数多く手掛けてきた幻冬舎のノウハウとご提案に是非ともご期待ください。

編集部

member11_itou

編集部
副部長

伊藤 英紀

幻冬舎メディアコンサルティングの編集者は、通常の出版社の編集者が備えるべき資質に加えて、顧客満足を高めることを至上命題とするサービス業としての一面も併せ持っていなければならない、と常に言い聞かせています。書籍マーケットでは熾烈な競争が繰り広げられておりますが、その中においてもきらりと光る書籍をつくる、妥協を許さない姿勢と、「クライアントをどのようにプロデュースするか」という視点を併せ持つことで、顧客満足を実現したいと考えています。

a_nakayama

編集部
マネージャー

中山 景
玉石混淆の情報があふれかえる時代にあって、実体がその手の中にあり、著者の存在が見える書籍には、不思議と信頼性や信用力が備わります。
著者が持つ情報やメッセージ、課題は実にさまざまですが、それらをより多くの読者に届けようとすることが私たちの仕事です
ときには著者の要望と、読者が求めるであろうことが一致しないこともあります。しかし、それじゃあどうしようかと頭をひねったすえに生まれる表現こそ、読んで面白く、そして信頼に足るものになるのだと思います。
これからも信頼できる情報をより多くの読者に届けられるよう、クライアントの皆様と制作に尽力していきます。
nakayama_youhei

編集部 第2編集室
室長

仲山 洋平

編集者としてはまだまだ若輩ですが、プロの端くれとして、本づくりに妥協しないことだけは誓っています。
クライアントにとって、書籍の出版は本当に重大なこと。読者の心を強く揺さぶる本を目指し、日々夢中で仕事をしています。
その結果、クライアント様が新たな顧客とのよい出会いを実現できれば、ブランディング書籍の編集者としてこれ以上嬉しいことはありません。
最高の一冊をご一緒させてください。

member12_sasaki

編集部
デザイナー

佐々木 博則

大学卒業後、広告企画制作会社に13年勤務。
広告、カタログ、PR誌などのデザイナー・アートディレクターを行ってきました。「装丁」という、広告には無い、立体的で長い時間人の手元に有り続ける可能性を持ったデザインの魅力に引かれ、幻冬舎メディアコンサルティングに入社。
一つ一つ違う書籍のそれぞれにあった装丁とはなんなのか、時代を超えて行く装丁はどういうものなのかを考え、クライアント様と読者が深くうなずきつつ、チョット驚く装丁を目指しております。

流通管理部

Tamura

流通管理部
マネージャー

田村 善治

文芸作品を読み、感動し感情を揺さぶられることはよくあります。
ですが、それは文芸作品に限りません。ビジネス書であれ、実用書であれ書籍を通じて価値ある情報を得て、感動し感情を揺さぶられる事もあります。
テレビ、新聞、WEBなど、メディアの多様化が進む中で、書籍固有の価値・機能を最大限生かし、クライアント様のメッセージ・想いが詰まった書籍と読者との感動の出会いを、流通面でお手伝いできる様、日々業務に邁進しています。

経営企画部

member02_yokote

経営企画部
部長

横手 進

社会人として、企業人として、自身の仕事を全うする事は当然の事。
当社の場合、そのような自身の仕事に加え、チームを作る、組織を作る、会社を作るという目線で仕事に臨めるか。
この意識が、優れた商品・サービスの提供、そして、働く喜びを生み出すと信じております。
そのような環境、わかり合える仲間をたくさんつくること、これこそが自身の役割であり仕事と信じ、日々邁進しております。

大阪支社

member13_onuki

大阪支社
支社長

大貫 恵伸

本作りを一言で表すと「旅」、いや「山登り」、いやいや、「闘い」…。
私的には「旅」がしっくりきますが、さておき。スタートは期待と希望に溢れています。
どんな本になるかな、と心が高鳴ります。でも、たいてい途中で果てしなく高い絶壁や、「この道は一体どこへ通じているんだ?」というピンチに出くわしたりします。
著者と編集で対峙せざる得ない時もきたりします。
それでも進み続けることで、書店に並んだその時に、読者に届いたその時に、一冊の本を作った言いようのない喜びを感じることができます。
世界のどんな秘境へ行くよりもスリリングで、最高に楽しい本作りを是非ご一緒いたしましょう。

名古屋支社

nagata

名古屋支社
支社長

永田 恵麻

設立当初より、名古屋支社で数々のブランディング書籍出版に携わってまいりました。
その経験の中で確信していることは、書籍は著者も想像だにしていない「新たなビジネスチャンス」を生むということです。勇気をもって出版に踏み切られたクライアントの皆様は事業を大きく伸ばされ、新たなステージへと飛躍を遂げられています。
企業課題の解決に不可欠なパートナーとして、これからもクライアントの皆様に寄り添ってまいりたいと考えています。

IMANISHI

名古屋支社
営業企画部 名古屋営業企画室
室長

今西 沙織

書籍によるブランディング効果は絶大ですが、残念ながらほとんどの経営者様は企業出版の存在とその影響力をご存知ありません。

私は、ひとりでも多くの経営者様に書籍が持つ情報発信力を知っていただきたいという想いで、日々活動しています。

各企業様・法人様によって抱えていらっしゃる課題は違いますが、おひとりおひとりの経営者様に精一杯向き合い、ご事業に対する想いを理解することで、これまでにない新しい視点からの「課題解決」をご提案させていただければと思っています。

WEBマーケティング部

suzuki-1-2-1

Webマーケティング部
マネージャー

鈴木 信吾

私たちが取り組む企業出版による課題解決は、企業が到達したいゴールに合わせてその形を変えるため、一言で説明することが非常に難しいサービスです。
それゆえ、経営課題を書籍出版で解決するための最適な手法や、その効果、有用性はまだまだ正しく理解されていないと感じています。
単純な数字だけでは図れないこの企業出版によるブランディング手法と効果を広く皆様にお伝えし、「書籍を介したクライアントとお客様の出会い」の第一歩を踏み出すお手伝いができるよう尽力いたします。

プロモーション部

member06_sekiya

プロモーション部
マネージャー

関矢 瑞季

私たちプロモーション部は、書籍の販売促進全般を担っています。著者の言霊が詰まったかけがえのない書籍を世の中へ届けるために、私の仕事は存在します。
素晴らしい書籍も読むべき人に読まれなければ、それはただの自己満足で終わってしまいます。その情報を知りたがっている人々はどこにいるのか。著者が紙面を通して語り合いたい相手はどこにいるのか。一冊一冊に込められた情熱に想いを馳せながら、その書籍の存在を知らしめ、手に取っていただく戦略を練ってゆきます。
書店、新聞、WEB、セミナー、雑誌、テレビ、ラジオ・・・様々な媒体を活用した戦略の可能性は無限大で、担当の私自身がわくわくしています。これからも著者と読者の出会いの場をより多く創造できるよう努めてまいります。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼