企業 ブランディングコラム

企業出版(ブランディング出版):HOME > 企業 ブランディングコラム一覧 > 「思っていたのと違った」をなくして離職防止するための企業ブランディング

サービス案内

「思っていたのと違った」をなくして離職防止するための企業ブランディング

採用担当が何度も面接を繰り返し選び抜いて採用した新卒が、一年と経たずに辞めていく……そんな経験はありませんか?

時間と手間をかけて行った採用活動の結果がこれでは、採用担当の苦労も報われません。

新卒の3人に1人が辞めていく時代

厚生労働省が2016年10月25日に行った「新規学卒者の卒業後3年以内の離職状況」 の調査によると、高校卒業者の40%以上、大学卒業者の30%以上が卒業後3年以内に離職していることが分かります。 また、いずれも1年目の離職率が最も高く、高校卒業者は20.1%、大学卒業者は12.8%となっています。

なぜこのような状況になっているのでしょうか。株式会社リブセンスが運営しているキャリア情報サイト「転職会議Report」では、新卒入社3か月以内で退職してしまった人や退職を検討中の方々のクチコミデータを調査・分析し、スピード退職の実態について調べています(スピード退職は自己防衛?!新卒入社3ヶ月未満退職者が明かす離職理由ランキング【2016年度版】) 。 この調査によると、スピード退職の理由のTOP3として「時間外労働が多い」(62%)、「社風・体制に不満」(36%)、「給与が低い、残業代が出ない」(19%)が挙げられています。

給与や時間外労働は、企業の努力次第で改善できる部分ではあります。 ですが、2位の「社風・体制に不満」は言ってしまえば入社前と後のギャップ、つまり学生の「思っていたのと違った」という思いによって起こるものです。 企業の情報を学生が完全に把握していなかったために入社後に違和感を覚えてしまい、退職へとつながってしまうのです。

この問題を解消するには、いったいどうすればいいのでしょうか。 理想は、企業が自社の理念や思いをきちんと学生に伝えて理解してもらい、その企業で働くこと自体に魅力を感じてもらうことです。 給与や残業の不満も、企業の魅力が大きいものであれば、多少なりとも緩和できるのではないでしょうか。 学生が企業に魅力を感じる、そのためには企業ブランディングが欠かせません。

「思っていたのと違った」を「思った通りだった」に変えるために

ブランディング・認知向上の方法にはさまざまあります。 ただブランディング一つとってもお金や手間がかかるため、たくさんある方法の中から企業にあったものを吟味しなければなりません。 学生に自分たちの魅力を深く理解してもらうためには、「情報量」と「信頼感」が重要となってきます。 情報が少なければ深い理解につながることはなく、信頼感がなければ情報そのものを疑ってしまいます。

この2つをバランスよく満たすものとして、書籍という方法に目を向けてもいいかもしれません。 書籍は信頼感を醸成しつつまとまった情報を伝えられるため、企業の熱意を余すことなく伝えることができ、学生の深い理解につながります。 就活中の学生は信頼感のある情報源を望むため、手に取られやすいという点からみても、非常に親和性が高いといえます。

学生の「思っていたのと違った」をなくすためには、いかに企業ブランディングを効率的に行えられるかがカギとなってきます。 苦労して採用した新卒をすぐに手放すことのないよう、新しい方法にも目を向け、充実した採用活動になることを願います。

幻冬舎MC facebookページ

  • 企業 ブランディングコラム 一覧

関連コラム

日本で「女性活躍」はほんとうに可能か?
女性の職業生活における活躍の推進に関する法律、「女性活躍推進法」が国会で成立したのは、平成…
2025年問題解決のカギは「シニア人材」
2025年問題とは、いわゆる“団塊世代”が2025年頃に後期高齢者(75歳以上)となること…
2020年から行われる大学入試改革の変更点とそのポイント
学歴社会といわれる現代の日本。 子供を安定した企業に就職させるため、良い大学にいかせよう…
中小企業の採用のカギは「知っている会社」になること
「人が足りない」 「新卒は、大手にとられる」 「新卒は入ってもすぐやめてしまう」 ―…
お問い合わせ・資料請求